『患者さんが良くならないんです。』

みなさんこんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

 

もうすぐ療法士の国家試験がありますね

僕が受けたのはもう10年以上前

国家試験を通過して

患者さんを良くするぞーっと就職しましたが実際は

 

「患者さんが全然良くならない」

この悩みを解消するために様々なセミナーに行きました

 

評価法

リスク管理

モビライゼーション

肩関節の理学療法

センスアップセミナー

 

セミナーを受けた後、少しは変わるようになりますが

やっぱり患者さんは良くなりませんでした。

 

でもあることをしたらこの悩みが解決したんです!

 

それは

目的とする部位にしっかりと触れること

そう、触診です。

 

実は触診ができると評価も治療も効果的にできるようになります。

でもいくら教科書を読んでもなかなかうまくできないですよね?

 

そこで触診と治療法を修得する機会を作りました。

 

第2期4月~6月開催

『6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナー』

詳細はコチラ>>>http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/

 

現在は一期を開催中、遠くは新潟・鹿児島からも受講されています。

興味がある方はぜひお越しください。

 

追伸

評価の抽出や坐位姿勢の調整で悩んでいる方コチラのセミナーもおすすめします。

『評価の抽出とシーティングセミナー』

詳細はコチラ>>>http://lts-seminar.jp/assessment/

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

療法士活性化委員会

代表 大塚 久

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です