『車椅子で見て欲しいポイント その3』

みなさま

こんにちは、

アドバンスコースの講師の加藤です。

 

いよいよ、今週末に迫りました、

『評価の抽出とシーティングセミナー』!

まだ間に合います!

このセミナーですが、構成上を考えると

伝達講習も楽に!

 

さて、今週のコラムですが、

先週からのシリーズの続編

『車椅子で見て欲しいポイント その3』

です。

 

先週までフットレストについて触れていましたね!

今週は座面について触れていきましょう!

 

車椅子の座面を見る時、皆さんは

どこを見ますか?

・ 奥行き?

・ 幅?

・ 座面の高さ?

 車椅子

どれもいい視点ですね〜

でも、私の場合まず最初に見るのが

シートのたわみです・・・

 

日本の車椅子は構造上どうしても

座面シートがたわんでしまいます。

これは

坐骨を当てる面が安定しない

つまり、骨盤が安定しなくなります!

 

特に体幹・骨盤周りが弱くなっている高齢者なんかは

常にバランスボールに座っているような状態です・・・

 

皆さん想像してみてもらいたいのです。

皆さんが座っている時間を全てバランスボールに座っていたとしたら・・・・

辛いですよね?

 

でも、それが現状なのです。

これを解決しませんか?

この解決策をお伝えするのが、

 

3月20日開催

『評価の抽出とシーティングセミナー』です!

>>>評価の抽出とシーティングセミナー

 

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

 

療法士活性化委員会 Advanceコース講師

加藤 淳

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

療法士活性化委員会

代表 大塚 久

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です