『この疾患にはこのアプローチ』

みなさんこんにちは

療法士活性化委員会の大塚です。

 

先日触診セミナー第2期が開始されました!

今回は定員となる24名のお申込みがあり、

いろんな方の触診を体験していただきました。

 

セミナー中にいただいた質問の中に

よくあるものがあったので今回はその質問を

テーマにしたいと思います。

 

「このテクニックはどの疾患に有効ですか?」

 

という質問を頂きました。

 

 

地道な作業なので

面倒くさいですし、時間も必要になります。

でも一度身に付けるとどんなものにも応用できます。

 

是非継続して自分の「型」を

作ってみてください。

 

療法士活性化委員会

委員長 大塚 久

 

追伸

触診セミナー第2期は定員となりました。

7月からの第3期にお申込みください。こちらもすでにお申込みがありますので

早目のお申込みをおすすめします。

>>>6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーベーシックコース」

 

追伸2

自分の「型」どう作っていいかわからない方はAdvanceコースで作りましょう。

評価治療ができるようになったら今度はそれを生活に繋げることが大切になります。

リハ室だけでなく生活に繋げるためのadvanceコースはこちら

>>>Advanceコース

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

療法士活性化委員会

代表 大塚 久

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebookhttps://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitterhttps://twitter.com/ryokatsu0518

line@https://line.me/R/ti/p/%40mci4790m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 『評価とアプローチどっちが大事?』

  2. 『残存機能を活かすために』

  3. 『評価の流れを〇〇で例えてみた。』

  4. ROMの改善に必要な3つのポイント

    『ROM(関節可動域)の改善に必要な3つのポイント』

  5. 『評価ができないんです。』

  6. 『Basic2日目 体幹編筋復習』

  7. 『2周年記念パーティを行います』

  8. 『筋の触診 その3』

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧