『股関節のスタビリティーの評価法 その3』

みなさま

こんにちは、

アドバンスコースの講師の加藤です。

 

さて、股関節のスタビリティーの見方ですが、

今回で最終回です!

 

今まで側方・前方の見方をお伝えしましたね!

最後は後方です!

 

この後方を担当する筋肉・・・

 

それは・・・

 

外旋6筋です!!

外旋6筋がしっかりと働くことで股関節の後方のスタビリティーが出来上がります!

 

少し想像してもらいたいのですが、

THABHAのオペ後の方って歩行時に臀部が後方に突出していることがありませんか?

THABHAは後方から切開していく術式が主流です。この術式では外旋6筋も切開されます。切開されたなら筋は不全を起こしますよね!

つまり後方のスタビリティーが働かないため、あの姿勢になるのです!

 

では立位で後方のスタビリティーがないと判断したらどうするのか!?

促通ですね!

 

その方法はアドバンスでお伝えしますね!

>>>生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

 

療法士活性化委員会 認定講師

作業療法士 加藤淳

 


療法士活性化委員会 セミナー情報

触れてアプローチができるようになり患者様に信頼される療法士になりませんか?

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

ADLに繋げるためのリハビリにしませんか?

>>>生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

5分でスクリーニング検査ができ、30分でサマリーがかけるようになりませんか?

BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を5分で評価するスクリーニングの方法、行程分析を用いた評価の抽出方法をお伝えします。

>>>評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

________________________________________

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

療法士活性化委員会

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitter:https://twitter.com/ryokatsu0518

line@友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 『背もたれに寄りかかる姿勢』はダメな姿勢?

  2. シーティング,評価,触診

    『キャンペーンの裏の使い方!』

  3. 『車椅子で見て欲しいポイント その3』

  4. 『食事姿勢に対して必ず持ってもらいたい視点』

  5. 『手技と生活指導のつながりって?』

  6. 『スクリーニングではまずここを見て その2』

  7. 『車椅子で見て欲しいポイント その1』

  8. 『シーティング!用語は知っているけど・・・どうする?』

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧