『スクリーニングではまずここを見て その4』

みなさま

こんにちは、

アドバンスコースの講師の加藤です。

 

さてさて、タイトルにもありますが、スクリーニング検査でのポイント

毎週お伝えしていますが、もう4弾です!

いよいよ、相手の身体にふれま・・・す!!

 

前回までの内容は大丈夫でしょうか?

まずは『観察!』でしたね!

これができるようになると患者さんや利用者さんの前でも自信を持って立てますよ!

さらに、職場でのカンファレンスでも役に立ちますのでぜひ観察やり続けてくださいね!

 

では、本題に入りましょう!

スクリーニング検査ですが、最初にみなさんはどこに触れていきますか?

 

私の場合、相手と握手します!

まずはコミュニケーションを!となりますね!

でもこれにも意味が・・・・

 

それは、握手した後に両手で握手し、自分の手を握り潰してもらいます!

 

この検査は握力と片麻痺の連合運動を見ることができます!

 

麻痺があった際には、連合運動があるのかないのか?

これによりブルンストロームが把握できますね!

 

さらに、握力では

・手すりを持つ

・ベッド柵に捕まる

・車椅子の操作性

などを考えるのにつながりますね!

 

ところでみなさん、最低限の生活に必要な握力はどのくらいか知っていますか?

これを知っていると、この検査の意味がさらに深まりますよ!

 

ちょっと考えてみてください!

答えは次週に!

 

この検査を一通りお伝えするセミナーがありますよ!

>>>評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー

 

 

さて、いよいよ来週より相手の身体に触れていきますよ!

乞うご期待!!

 

療法士活性化委員会

認定講師

作業療法士 加藤 淳

 

療法士活性化委員会 セミナー情報

 

6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

触れてアプローチができるようになり患者様に信頼される療法士になりませんか?

第3期  平成29年7月1,2日  8月5,6日  9月2,3日  残り1

第4期  平成29年10月7,8日  11月4,5日  12月2,3日 

第5期 平成30年1月6,7日 2月3,4日 3月3,4日

受講料:1日12,000円+テキスト代2,980円

    6日間で59,800円(テキスト代含む)

>>>6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

 

「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

ADLに繋げるためのリハビリにしませんか?

第2期  平成29年10月21, 22日  11月25, 26日  12月23,24日 

第3期 平成30年4月28,29日 5月26,27日 6月23,24日

受講料:1日17,000円+テキスト代5,980円

    6日間で91,800円(テキスト代含む)

>>>「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

 

「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

5分でスクリーニング検査ができ、30分でサマリーがかけるようになりませんか?

BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を5分で評価するスクリーニングの方法、行程分析を用いた評価の抽出方法をお伝えします。

平成29年7月17日(月祝)

受講料:15,000円

ADLセミナーと同時受講で19,800

>>>「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

 

ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

触診をADLに活かすには?

平成29年7月15日(土)

平成29年7月16日(日)

*どちらも内容は同じです。ご都合のつく方にお申込みください。

受講料:8,900円

*評価とスクリーニングセミナーと同時受講で19,800

>>>ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

 

「評価・治療の為の触診セミナー2Day’s

臨床ですぐに使える触診とアプローチ方法を学びませんか?

昨年に引き続き静岡・福岡で開催です。

静岡開催 : 平成29年8月12、13日(土日)

福岡開催 : 平成29年9月16、17日(土日)

受講料:1日15,000円、2日間で29,800

>>>「評価・治療の為の触診セミナー2Day’s

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

”人生をデザインする” 

療法士活性化委員会

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitter:https://twitter.com/ryokatsu0518

line@:

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です