『advance5,6日目 肩関節s-f理論復習』

みなさんこんにちは療法士活性化委員会の大塚です。

 

7月22,23日にadvanceコース最終日肩関節に対する評価アプローチ法

「s-f理論」が開催されました。

それでは復習してみましょう。

 

まず肩関節は複合関節です。

いわゆる肩関節と言われるものに何があるかあげてみましょう。

 

  • 肩甲上腕関節
  • 肩甲胸郭関節
  • 胸鎖関節
  • 肩鎖関節

 

でしたね?

 

これを順番に評価していきます。

評価する順番は

 

  • 胸鎖関節
  • 肩鎖関節
  • 肩甲上腕リズム
  • 臼蓋上腕リズム

 

の順でしたね。

 

それぞれ順に評価し

basicでお伝えしているアプローチを行なっていきます。

 

胸鎖関節→胸鎖関節のモビライゼーション

肩鎖関節→肩鎖関節のモビライゼーション

肩甲上腕リズム→肩甲胸郭関節のモビライゼーション、小胸筋のリリース

臼蓋上腕リズム→肩甲上腕関節のモビライゼーション、棘下筋・肩甲下筋のリリース

 

でしたね?

 

この順で評価・アプローチを行うことで難しい肩関節もシンプルになります。

でも臥位では可動域の制限はないが、

立位になると可動域に制限が出る方いませんか?

 

そうなると今度は肩以外の問題になります。

みなさんカパンディの関節の生理学

肩関節の屈曲3相を思い出してみてください。

 

120〜180°は体幹の伸展が必要でした。

そこで見るのが骨盤と体幹

そして下肢の支持性になります。

 

ここでadvanceの1〜4日でお伝えした体幹・骨盤・膝・足関節

が繋がってきましたね。

主訴として症状が出ている部位は一箇所でもその原因は様々です。

 

最初から原因を見つけるのは難しいですが

局所から全体へ順に診て行くことで

原因の特定につながります。

 

もちろん一番大切なのはその人が何に困っていて何を改善したいのかの

「目的を明確にすること」

です。

 

  1. 患者様・利用者様の目的を明確にする
  2. 目的達成のための障害となっている要素を見つける
  3. そこに対して介入する
  4. 再評価する

 

この流れを忘れないように日々の臨床に生かしてください。

 

基礎を積み重ねることで応用ができるようになってきます。

 

今年のbasicコースも残りわずかです。

一緒に信頼される療法士になりませんか?

 

第3期はすでに満席でキャンセル待ちとなっております。

10月からの4期は定員まであと半分です。

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

 

療法士活性化委員会

委員長 大塚 久


療法士活性化委員会 セミナー情報

「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

触れてアプローチができるようになり患者様に信頼される療法士になりませんか?

第3期  平成29年7月1,2日  8月5,6日  9月2,3日  定員に達しました。

第4期  平成29年10月7,8日  11月4,5日  12月2,3日 残り12名

受講料:1日のみ12,000円+テキスト代2,980円

    6日間で59,800円(テキスト代含む)

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

 

「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

ADLに繋げるためのリハビリにしませんか?

第2期  10月21日  10月22日  11月25日  11月26日  12月23,24日 

受講料:1日17,000円+テキスト代5,980円

    6日間で91,800円(テキスト代含む)

>>>「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

 

「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

5分でスクリーニング検査ができ、30分でサマリーがかけるようになりませんか?

BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を5分で評価するスクリーニングの方法、行程分析を用いた評価の抽出方法をお伝えします。

平成29年11月3日(金祝)

受講料:14,980円(+税)

 

「評価・治療の為の触診セミナー2Day’s

臨床ですぐに使える触診とアプローチ方法を学びませんか?

昨年に引き続き静岡・福岡で開催です。

静岡開催 : 平成29年8月12、13日(土日)

受講料:1日15,000円、2日間で29,800

>>>「評価・治療の為の触診セミナー2Day’s

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

”人生をデザインする” 

療法士活性化委員会

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitter:https://twitter.com/ryokatsu0518

line@: https://line.me/R/ti/p/@mci4790m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 『骨の触診 その1』

  2. 『評価の流れを〇〇で例えてみた。』

  3. 『”第1回復習会”を開催しました』

  4. 【 指に仕事をさせていませんか? 】

  5. 『”動作分析”で何をみていいのかわからないあなたへ』

  6. 『ROMを測定する目的は?』

  7. 『Advance4日目「e-ss理論」の復習』

  8. 『肩甲骨の触診』

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧