『ROMexって何ですか?』

みなさんこんにちは療法士活性化委員会の大塚です。

 

先日セミナー中にこんな質問を受けました。

「関節モビライゼーションや筋膜リリースでこんなにも可動域が変わるので、今まで自分が行ってきたROMexって何なのかわからなくなってしまいました。」

 

なるほど、僕も以前は

「足部の背屈が硬い方に足部の背屈を行うこと」

をROMexとして行っていました。

 

僕はROMexは総称だと考えています。

ROMの制限がある関節に対して

何の制限か評価し

制限に対してアプローチを行う。

 

結果として可動域が変化する。

アプローチの方法として

関節モビライゼーションや筋膜リリースがあります。

 

ここで大事なこと

「ROMexは何のために行いますか?」

これを明確にすることが大切です。

 

そもそも患者様の何かしらの日常生活に制限があり

その原因の一つとして可動域の制限があり

その制限の中にアプローチ可能なものがあるからアプローチする。

 

患者様の生活に変化が出なければアプローチは何の意味もありません。

必ずROMexを行う目的を明確にして行ってください。

 

一緒に信頼される療法士になりませんか?

 

10月からの4期は定員まであと半分です。

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

 

療法士活性化委員会

委員長 大塚 久

 

療法士活性化委員会 セミナー情報

「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

触れてアプローチができるようになり患者様に信頼される療法士になりませんか?

第3期 平成29年7月1,2日 8月5,6日 9月2,3日 定員に達しました。

第4期 平成29年10月7,8日 11月4,5日 12月2,3日 残り12名

受講料:1日12,000円+テキスト代2,980円

 6日間で59,800円(テキスト代含む)

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

 

「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

ADLに繋げるためのリハビリにしませんか?

第2期 10月21日 10月22日 11月25日 11月26日 12月23,24日

受講料:1日17,000円+テキスト代5,980円

6日間で91,800円(テキスト代含む)

>>>「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

 

「ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー」

ROMの制限が何によるものか明確にしていますか?制限に対して適切なアプローチを行なっていますか?このセミナーで股関節の可動域を中心に ROMexを効率的に行うための触診・評価・アプローチ法をお伝えします。

平成29年9月24日(日) 10:00〜16:00

>>>「ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー」

 

「立ち上がり動作を効率的に行うための触診セミナー」

臨床でよく制限される動作「立ち上がり」を効率的に行うための方法をお伝えします。

平成29年10月15日(日) 10:00〜16:00

受講料:8,900円(+税)

>>>「立ち上がり動作を効率的に行うための触診セミナー」

 

「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

5分でスクリーニング検査ができ、30分でサマリーがかけるようになりませんか?

BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を5分で評価するスクリーニングの方法、行程分析を用いた評価の抽出方法をお伝えします。

平成29年11月3日(金祝) 10:00〜16:00

受講料:14,980円(+税)

>>>「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

 

「ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

ADL訓練のコツはまず触れることです。自信を持って触診・アプローチを行うことでADKL訓練が効率的にできるようになります。このセミナーではADLの場面で必要な「リーチ動作」をテーマに行います。

平成29年11月19日(日) 10:00〜16:00

受講料:8,900円(+税)

>>>「ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

 

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

”人生をデザインする”

療法士活性化委員会

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitter:https://twitter.com/ryokatsu0518

line@:https://line.me/R/ti/p/@mci4790m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 【 現代社会と棘下筋の関係 】

  2. 『触診を行う意義』

  3. 骨盤の前傾・後傾の評価の基準とアライメントの関係

    『骨盤の前傾・後傾の評価の基準とアライメントの関係』

  4. 療法士活性化委員会,触診

    『サマリーは患者様の〇〇状‼』

  5. 『筋の触診 その2』

  6. 『自分の評価はどこでうまくいっていないのか確認してみましょう。』

  7. ROMexの目的は可動域の改善じゃない!〜開催報告〜

    『ROMexの目的は可動域の改善じゃない!〜開催報告〜』

  8. 『”基本動作”で見るべきたった1つのポイント』

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧