『触診セミナー臨床編2Day’s in静岡特別編復習』

みなさんこんにちは療法士活性化委員会の大塚です。

 

8月12、13日に東洋レヂン株式会社様から協賛をいただき

昨年に続いて静岡で臨床編を開催してきました。

静岡開催なのに参加者が全員愛知県からという不思議な状態で開催。

まずは1日目に触診を徹底的に行います。

触診部位は

  • 胸鎖関節、肩鎖関節、肩甲骨、肩甲上腕関節、脊柱、骨盤、股関節、リスフラン関節
  • 胸鎖乳突筋、斜角筋、棘下筋、大腰筋、多裂筋、膝窩筋、後脛骨筋

 

療活の触診のポイントはわかりやすさ

受講していただいた方からは

「学校の授業よりわかりやすい」

との声をいただきました。

 

触診が難しいと感じる理由の一つに

「難しく習う」

ことが挙げられます。

療活では

  1. イメージする
  2. ランドマークを確認する
  3. 自動運動・他動運動で確認する

の3ステップでシンプルに触診をお伝えしています。

 

そして

リハビリの目的の確認

そもそもリハビリは患者様の困っている日常生活の改善が目的です。

 

触診やアプローチは目的達成のための手段にすぎません

他の方法として生活指導やセルフケアの重要性もお伝えしました。

セルフケアの手段の一つとしてソマセプトミオの紹介もさせていただきました。

みなさん動きの変化を実感していただきましたね。

>>>ソマセプトミオとは?

 

ここで1日目が終了。

翌日は触診を活用したアプローチ

関節モビライゼーションと筋膜リリースをお伝えしました。

 

アプローチの基本は

  • 目的の部位に触る
  • 深呼吸

でしたね?

なぜ痛みが出るのかは

動かない→固まる→血流低下→老廃物増加、栄養(酸素)低下→疼痛域値低下→疼痛増加→動かない

のサイクルでしたね?

 

この負のサイクルを断ち切るための手段として

アプローチがあります。

 

アプローチ後に

「動かない」

に対してセルフケアの方法や生活指導を行うことで

アプローチの効果は持続します。

 

大切なのは

「生活」

が何かしら変化してもらうことです。

 

最後は2日間の総復習

「立ち上がり動作」

に対して2日間で学んだ技術を使ってアプローチしていただきました。

 

10分間でみなさん評価からアプローチまで行えていましたね。

実際の臨床でしたら残りの10分で

動作訓練や運動療法を行うことができます。

 

是非臨床でも活用して患者様の笑顔を引き出してください。

また皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

 

あなたも

一緒に信頼される療法士になりませんか?

 

10月からの4期は定員まであと半分です。

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

 

療法士活性化委員会

委員長 大塚 久

 

療法士活性化委員会 セミナー情報

 

「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

触れてアプローチができるようになり患者様に信頼される療法士になりませんか?

第3期 平成29年7月1,2日 8月5,6日 9月2,3日 定員に達しました。

第4期 平成29年10月7,8日 11月4,5日 12月2,3日 残り12名

受講料:1日12,000円+テキスト代2,980円

 6日間で59,800円(テキスト代含む)

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

 

「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

ADLに繋げるためのリハビリにしませんか?

第2期 10月21日 10月22日 11月25日 11月26日 12月23,24日

受講料:1日17,000円+テキスト代5,980円

6日間で91,800円(テキスト代含む)

>>>「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

 

「ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー」

ROMの制限が何によるものか明確にしていますか?制限に対して適切なアプローチを行なっていますか?このセミナーで股関節の可動域を中心に ROMexを効率的に行うための触診・評価・アプローチ法をお伝えします。

平成29年9月24日(日) 10:00〜16:00

>>>「ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー」

 

「立ち上がり動作を効率的に行うための触診セミナー」

臨床でよく制限される動作「立ち上がり」を効率的に行うための方法をお伝えします。

平成29年10月15日(日) 10:00〜16:00

受講料:8,900円(+税)

>>>「立ち上がり動作を効率的に行うための触診セミナー」

 

「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

5分でスクリーニング検査ができ、30分でサマリーがかけるようになりませんか?

BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を5分で評価するスクリーニングの方法、行程分析を用いた評価の抽出方法をお伝えします。

平成29年11月3日(金祝) 10:00〜16:00

受講料:14,980円(+税)

>>>「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

 

「ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

ADL訓練のコツはまず触れることです。自信を持って触診・アプローチを行うことでADKL訓練が効率的にできるようになります。このセミナーではADLの場面で必要な「リーチ動作」をテーマに行います。

平成29年11月19日(日) 10:00〜16:00

受講料:8,900円(+税)

>>>「ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

 

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

”人生をデザインする”

療法士活性化委員会

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitter:https://twitter.com/ryokatsu0518

line@:https://line.me/R/ti/p/@mci4790m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 『え?患者様と向き合ってるんですか?』

  2. 「女子会、次は10月にやるってよ」

  3. 立ち直り反応、動作分析

    『立ち直り反応から見る動作分析とアプローチ法〜開催報告〜』

  4. 『“継続”するのに必要な〇〇』

  5. クロスハート

    『仕事が楽しいって言いたくないですか?』

  6. 『3ヶ月でこのような変化が出ます。』

  7. 『立位の“バランス能力低下”って?』

  8. 触診、必要、療法士、信頼

    『なぜ療法士に触診が必要なのか?』

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧