【身体を捻る動作から座位を評価する】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その4~

【身体を捻る動作から座位を評価する】

こんにちは!
モーションアナライシス講師の吉田頌平です。

さて、前回は
「機能的な座位保持のためには、
中臀筋が働くことが重要!」

と、お伝えしました。

その中でも、
特に中臀筋の働きを制限しやすいのが
「内・外腹斜筋」である、ということを
今回は検証していきます。

早速ですが、ワークしてみましょう!
Step 1. 椅子に座って、手を組みます。

Step 2.   腰椎はそのまま固定し、首から回旋して、後ろの景色を見ます。

Step 3.   回旋したまま大きく深呼吸します。

いかがでしたか?

Step 3.で背中が反って、うまく回旋できない場合には
内腹斜筋・外腹斜筋がしっかり機能していない状態です。

写真のように、右側へ身体を回旋したい場合

・右側の内腹斜筋・左側の外腹斜筋がグッと引っ張ってくれる力

・左側の内腹斜筋・右側の外腹斜筋がビーンと伸びてくれる力

それぞれが噛み合って働く必要があります。

そして、この二つの筋は
こんな姿勢が長くなると、
触診,骨盤,療法士活性化委員会

「特に硬くなりやすい筋」なんです!

もし、ワークがやりづらかった方は
ぜひご自身の腹部の硬さを確認してみてくださいね。

色々と発見があるかもしれませんよ。

さらなる発見を模索したい方は、
モーション・アナライシス講座をチェックしてください!

それでは、本日はこれにて失礼いたします。

お読みいただき、ありがとうございます。

p.s.

より効果的なセルフエクササイズを考案するために まずは自分の身体の動きを確認してみませんか?

ご自身で感じた身体の動きを あなたの活きた言葉で、 患者様へお伝えできるようになりますよ。1

モーションアナライシスコース詳細はこちら
>>>「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」

 

療法士活性化委員会

認定講師 吉田 頌平

 

療法士活性化委員会 セミナー情報

「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

触れてアプローチができるようになり患者様に信頼される療法士になりませんか?

第3期 平成29年7月1,2日 8月5,6日 9月2,3日 定員に達しました。

第4期 平成29年10月7,8日 11月4,5日 12月2,3日 残り12名

受講料:1日12,000円+テキスト代2,980円

 6日間で59,800円(テキスト代含む)

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

 

「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

ADLに繋げるためのリハビリにしませんか?

第2期 10月21日 10月22日 11月25日 11月26日 12月23,24日

受講料:1日17,000円+テキスト代5,980円

6日間で91,800円(テキスト代含む)

>>>「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

 

「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース

自身の運動をを通して患者様の運動療法・動作分析ができるようになる。

第1期  平成30年 1月27,28日 2月24,25日 3月24,25日

受講料:1日15,000円+テキスト代5,980円

6日間で79,800円(テキスト代含む)

>>>「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」

 

「ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー」

ROMの制限が何によるものか明確にしていますか?制限に対して適切なアプローチを行なっていますか?このセミナーで股関節の可動域を中心に ROMexを効率的に行うための触診・評価・アプローチ法をお伝えします。

平成29年9月24日(日) 10:00〜16:00

>>>「ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー」

 

「立ち上がり動作を効率的に行うための触診セミナー」

臨床でよく制限される動作「立ち上がり」を効率的に行うための方法をお伝えします。

平成29年10月15日(日) 10:00〜16:00

受講料:8,900円(+税)

>>>「立ち上がり動作を効率的に行うための触診セミナー」

 

「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

5分でスクリーニング検査ができ、30分でサマリーがかけるようになりませんか?

BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を5分で評価するスクリーニングの方法、行程分析を用いた評価の抽出方法をお伝えします。

平成29年11月3日(金祝) 10:00〜16:00

受講料:14,980円(+税)

>>>「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

 

「ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

ADL訓練のコツはまず触れることです。自信を持って触診・アプローチを行うことでADKL訓練が効率的にできるようになります。このセミナーではADLの場面で必要な「リーチ動作」をテーマに行います。

平成29年11月19日(日) 10:00〜16:00

受講料:8,900円(+税)

>>>「ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

 

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

”人生をデザインする”

療法士活性化委員会

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitter:https://twitter.com/ryokatsu0518

line@:https://line.me/R/ti/p/@mci4790m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. コミュニケーション

    【患者さんが不安に思うのは、できないからじゃない】療法士に必要なセルフ…

  2. 【触診で変わることは?】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その…

  3. 【動作分析のとっかかりは、ここを見よう!】療法士に必要なセルフエクササ…

  4. 【座位保持を股関節から評価するポイント?】療法士に必要なセルフエクササ…

  5. 【なぜ動画を見るだけでは、動作分析が上達しないのか?】療法士に必要なセ…

  6. 【脊柱の動きをイメージできますか?】療法士に必要なセルフエクササイズの…

  7. 【患者さんへフィードバックしてますか?】療法士に必要なセルフエクササイ…

  8. 【股関節の動作評価のポイントとは?】療法士に必要なセルフエクササイズの…

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧