【患者さんへフィードバックしてますか?】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その13~

こんにちは!

モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

さて、あなたは患者さんへ
介入後にフィードバックをしてますか?

どんなことを感じたのか…
それがどんな問題につながるのか…
その問題解決のために、どんなことをしていくのか…

なぜフィードバックが重要なのかというと、
「動作を知る→意識して動かす→無意識でも動かせる」
というループを経て
ひとは動作を獲得していくからです。

怪我や病気で長期間うごかせなかったり、
そもそも動く習慣がなければ、

身体部位を認識することができません。

認識するためには、
「触れてもらうこと」
「客観的に自分の動きを知ること」
が重要です。

そのために
「触診」と
「評価」+「動作分析」が
重要になってくるのです!

介入後に、
・どこが動いていないのか?
・どうしたら動けるのか?
について、
フィードバックする時間を設けることで、
療法士自身だけではなく
患者さん自ら
「どうしたらいいのか?」を
考えられるようになります。

患者さんへのセルフエクササイズ指導に
悩んでおられる方は、
こちらをご覧ください。

>>>「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」

 

療法士活性化委員会

認定講師 吉田 頌平

療法士活性化委員会 セミナー情報

【認定カリキュラム】

「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」
第5期 平成30年1月6、7日 2月3,4日 、3月3,4日

「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Assessmentコース」
第2期 10月21日 10月22日 11月25日 11月26日 12月23,24日

「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」
第1期  平成30年 1月27,28日 2月24,25日 3月24,25日

【1Day体験講習会】

「結果を出すための触診・アプローチ法 復習&体験会」
平成29年11月18日(土) 10:00〜13:00

基本動作分析からみる原因の特定とアプローチ法」
平成29年11月19日(日) 10:00〜16:00

「ROMexで結果を出すための触診・アプローチ法セミナー」
平成30年1月21日(日) 10:00〜16:00

「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」
平成30年3月21日(水祝) 10:00〜16:00

講師 吉田頌平 研修会情報(他団体)

英会話を通じて、
患者さんとのコミュニケーションを
見直してみませんか?

療法士のための英会話講座【YES!】プレセミナー
*お申し込みの際は紹介者に「療法士活性化委員会」とご記入ください。

《第1回目》→終了しました
日時:2017年10月25日(水)20:00 ~ 21:00
《第2回目》
日時:2017年11月22日(水)20:00 ~ 21:00
《第3回目》
日時:2017年12月20日(水)20:00 ~ 21:00

参加費:各回 4,000円(税込)
主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

療法士活性化委員会では
療法士に土台と自信を提供し
一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、
笑顔になることを目的に講習会を行っています。

”人生をデザインする”
療法士活性化委員会

発行責任者
大塚 久
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡3−27−6大牧マンション301
TEL:080-5987-7441
mail:its-info■■lts-seminar.jp(■■を@に変換してください)
LINE@に登録する

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です