【動作分析をするための目を養う方法】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その21~

こんにちは!

モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

先日、実家に帰省した際、
私の養成校時代のノートや教科書を
ふと読み返していると、

「あれ、脳画像って
こんなに細かく見ることを習ったかな?」

「歩行分析の方法を習っていたけど、
このやり方は全然覚えてないな…
(先生、スミマセン…)」

内容は理解できるけれども
自分で思い出しながら話すのが難しい分野があることを
実感いたしました。

これは、認知階層の段階でいうと
「知識の記憶が十分でなく、
知識を実生活に当てはめながら活用する前の段階」
と言えます。

上の歩行分析の方法を知らなかったことを
臨床現場に当てはめると、

「歩行動作を分析する上で
必要な知識を自分の頭の中から引っ張り出すことができないから、
上記ノートのやり方では歩行分析ができない段階」

と言えます。

新しい情報がたくさん入ってきても、
その情報を整理できない状態、ということですね。

臨床で知識を活用していくためには、
「どうやって基本的な知識を整理できるか?」
が重要となります。

評価⇨介入につながる動作分析をするためには、
まず自分のからだの動きを解剖学的に整理すると
分析するための思考スピードが早くなります。

また、何の解剖の知識も持たない
一般の利用者さんの立場で考えると、
「そもそも自分のからだに関する知識がない状態」
ですので

あなたに特殊な技術がなくたって、
意外と見逃しやすい、からだの繋がりに
気づくだけでも

あなたの患者さんにとっては
大きく変われる一歩となるかもしれません。

もし、
「どう作用するのかがいまいちピンとこない…」
「脊柱・肩・股関節の動作分析が苦手…」
「セルフケアの方法を、もっと効果的に伝えたい…」

と、思われることがあれば、
「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」
をチェックしてください。

自分の身体を使って、
知識を知恵に変えてみませんか?

療法士活性化委員会

認定講師 吉田 頌平

【関節モビライゼーション・筋膜リリース・セルフケア無料動画視聴】

動画視聴はこちらから>>>関節モビライゼーション・筋膜リリース・セルフケア無料動画

 

講師 吉田頌平 研修会情報(他団体)

英会話を通じて、
患者さんとのコミュニケーションを
見直してみませんか?

療法士のための英会話講座【YES!】プレセミナー
*お申し込みの際は紹介者に「療法士活性化委員会」とご記入ください。

《第1回目》→終了しました
日時:2017年10月25日(水)20:00 ~ 21:00
《第2回目》→終了しました
日時:2017年11月22日(水)20:00 ~ 21:00
《第3回目》→終了しました
日時:2017年12月20日(水)20:00 ~ 21:00

参加費:各回 4,000円(税込)
主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

 

このブログの感想をレターでもらえるととっても喜びます。
応援・批判どちらも受け付けています。

>>>大塚久のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 【動作分析を簡単に行うためには?】療法士に必要なセルフエクササイズの考…

  2. 【患者さんへフィードバックしてますか?】療法士に必要なセルフエクササイ…

  3. 【首が回らないのは、頸椎だけの問題じゃない】療法士に必要なセルフエクサ…

  4. 【結帯動作での動作分析のポイント?】療法士に必要なセルフエクササイズの…

  5. 【日常生活での肩・股関節の動き】療法士に必要なセルフエクササイズの考え…

  6. 【なぜ動画を見るだけでは、動作分析が上達しないのか?】療法士に必要なセ…

  7. 【歩いている時に太ももが疲れやすい人の特徴って?】療法士に必要なセルフ…

  8. 【左右を振り向く動作の評価ポイントとは?】療法士に必要なセルフエクササ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録