脊柱圧迫骨折の評価の流れ

『脊柱圧迫骨折のリハビリって?〜評価の順番について〜』

みなさん、こんにちは

療法士活性化委員会の林です。

 

前回は回復過程についてでした。
>>>脊柱圧迫骨折のリハビリって〜回復過程について〜

今回はリハビリの流れについてです。

 

前回までは「今よりも状態を悪くしない事」をお伝えしてきました。

今回は「今よりも状態を良くする事」についてお伝えしたいと思います。

 

リハビリの流れで大事な点は3つ

1.HOPE,Goal

2.機能障害

3.アプローチ

です。

1つ目のHOPE,Goalについてです。

これは問診、又は医療面接という形になります。

HOPEは、患者さん、利用者さんの話を聞くことが大切になります。

必ずしたい事、やりたい事、できなくなった事を聴取します。

聴取した事をGoalとして設定していきます。

 

脇田によると、医療面接の役割は

  • 患者-医療者との信頼関係の確立
  • 患者からの情報収集
  • 患者への説明や教育

であると述べている。1)より

 

医療面接を行うことで信頼関係が築け、

HOPE、Goalが正確に聴取できるようになると思いませんか。

 

例として脊柱圧迫骨折なら

HOPE「朝起きる時に腰が痛まないようになりたい」

Goal「起床時の腰痛軽減」

など、

HOPE「長い時間座っていると立ちにくい」

Goal「起立動作の改善」

と確認できるため、目標が設定しやすくなると思います。

 

ここが、リハビリの中でとても大切なところになります。

HOPE,Goalを聞いて、何のためにリハビリをするのか明確にしていきたいですね。

2つ目に機能障害についてです。

これは、以下の項目を確認していきます。

・姿勢(座位アライメント)

・動作(体幹の屈伸)

・ROM-T(肩甲胸郭関節、体幹、股関節)

・筋力(肩甲胸郭関節、体幹、股関節)

・痛み(性質、部位、程度)

・整形外科テスト(FFD、Patrick、Thomas、B-A Distance、SLR)

 

姿勢、動作は問題点の抽出。

ROM-T、MMT、痛みは問題点の部位を確認。

整形外科テストはアプローチ部位の特定を行います。

 

上記の流れはトップダウン式となっています。

問診・動作観察

活動制限をきたす原因となる機能障害の推測

問題点の明確化

になります。

 

池添によると、

メリットは対象者に必要で適切な検査のみを短時間で行えることや、治療的介入と並行して評価を進められることである。

デメリットは臨床推論が的確でなければ、問題点を明確化することが困難である。と述べている。1)より

そのため、当委員会では脊柱圧迫骨折に対して、

上記の評価項目を行って問題点を明確化できるようにしたいと考えています。

骨癒合後は

3つ目のアプローチについてです。

アプローチでは

  1. 関節、筋を動かしやすくする
  2. 促通する

流れで行っていきます。

理由として、動かしやすくした後のほうが、促通しやすくなるためです。

 

脊柱圧迫骨折では、整形外科テストを元に

関節では脊柱、骨盤、肩甲骨

筋肉ではハムストリングス、腸腰筋、小胸筋

などに行っていきます。

そして、脊柱起立筋、腸腰筋、僧帽筋の促通を行います。

 

赤羽根によると、

  • 骨癒合までのリハビリの目的は骨癒合の伸展を阻害せず、

椎体の圧潰変形を阻止することである。

  • 骨癒合後のリハビリの目的は続発する脊柱の後弯化や圧迫骨折を回避することである。

と述べている。2)より

 

  • は姿勢の維持や矯正に不可欠な体幹および下肢筋力を強化が重要となります。
  • は前胸部の柔軟性や肩甲帯、脊柱、骨盤とを連結する筋力を強化が重要となります。

 

そのため、上記の部位へアプローチしていきます。

アプローチして姿勢・動作が変化することも大切ですが、

一番は患者さん、利用者さんの活動や参加維持・改善を目標にしていきたいですね。

まとめ

リハビリの流れで大事な点は3つ
1.HOPE,Goal
2.機能障害
3.アプローチ
リハビリの流れを理解し、「今よりも状態を良くする事」をしませんか。

一度きりの人生で、途中で動けなくなる人がいる
一緒に患者さん、利用者さんの人生をデザインしませんか。

セミナーでお待ちしています。

療法士活性化委員会
認定インストラクター 林 凌磨

  1. 市橋則明 編集:理学療法評価学 障害別・関節別評価のポイントと実際 2016年
  2. 赤羽根良和:骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の病態理解とそのアプローチ 2017年

このブログの感想をレターでいただけますか?
応援・批判どちらも受け付けています。

>>>大塚久のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 大腿骨頚部骨折、リハビリ、リスク

    【大腿骨頸部骨折のリハビリって?~リスク管理~】

  2. 脊柱圧迫骨折のリハビリで大事な3つのポイント

    『脊椎圧迫骨折のリハビリって』

  3. 大腿骨頚部骨折のリハビリテーション

    『大腿骨頸部骨折のリハビリって? 〜病態について〜』

  4. 脊柱圧迫骨折のリハビリテーション

    『脊柱圧迫骨折のリハビリについて〜開催報告〜』

  5. 脊柱圧迫骨折のリハビリ。リスク管理について

    『脊椎圧迫骨折のリハビリって?〜その2〜』

  6. リハビリの時期

    【大腿骨頸部骨折のリハビリって? 〜リハビリの時期〜】

  7. 脊柱圧迫骨折んリハビリって?回復過程について

    【脊柱圧迫骨折のリハビリって?〜その3 回復過程について〜】

  8. 『大腿骨頚部骨折のリハビリについて〜開催報告〜』

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧