【寝返り動作の時、〇〇の回旋運動を見てますか?】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その28~

こんにちは!

モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

さて、今回は
同じ球関節という構造を持つ
「上腕骨頭」「大腿骨頭」に
視点を当てていきます。

球関節は多軸関節に分類され、
すべり運動、転がり運動を通じて
ゴロゴロと大きく動く特徴を持っています。

大きく動くためには、
骨頭を動かすそれぞれの筋が協調していること
だけではなく、
「骨頭が大きく動けるスペースが確保できているか?」
が重要になります。

肩関節では肩甲下筋や小円筋などの回旋筋腱板、
股関節では梨状筋をはじめとする股関節外旋筋が
それぞれ硬く短縮していると、

各骨頭が自由に動き回れるスペースを狭めることになり
そもそも関節運動が阻害されることになります。

この動きが顕著に問われる生活の一場面は
「寝返り」の時です。

特に側臥位を取る際は、
上腕骨頭は肩甲骨によって、
大腿骨頭は骨盤によって
床面へ押し込まれる力が発生します。

この時に、回旋筋腱板や股関節外旋筋が
しっかりと機能して
骨頭と肩甲骨/骨盤との間に
 間隙を保つ働き」が行えているかどうか?
が、重要になってきます。

寝返り動作がうまくいかない…というときは、まず
骨頭の回旋運動が十分に行えているか?
という点を評価してみてください。

あなたに特殊な技術がなくたって、
意外と見逃しやすい、からだの繋がりに
気づくだけでも

あなたの患者さんにとっては
大きく変われる一歩となるかもしれません。

動作分析が苦手だな…
動作をつなげて考えるのが難しい…と感じている方は、
まずは、ご自分の体調を知ることから
始めてみましょう!

もし、
「どう作用するのかがいまいちピンとこない…」
「脊柱・肩・股関節の動作分析が苦手…」
「セルフケアの方法を、もっと効果的に伝えたい…」

と、思われることがあれば、
「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」
をチェックしてください。

自分の身体を使って、
知識を知恵に変えてみませんか?

療法士活性化委員会

認定講師 吉田 頌平

 

【療活講習会一覧】

”信頼される療法士になるための土台を作る”>>>療活してる?

講師 吉田頌平 研修会情報(他団体)

英会話を通じて、
患者さんとのコミュニケーションを
見直してみませんか?

療法士のための英会話講座【YES!】
(本講座は、対面式オンラインセミナーです。)
*お申し込みの際は紹介者に「療法士活性化委員会」とご記入ください。

《 プログラム一覧 》

YES!プレセミナー
【 内 容 】
・英会話をマスターするための《3つのルール》
・勉強のための英語を、話すための英語に変える方法
・高速でリスニング↔︎翻訳できるマインド養成法
・考えたことを、英語でシンプルに伝える

【 開 催 日 時 】
《第5回目》開催間近!
日時:2018年2月23日(金)20:00 ~ 21:00

《第6回目》
日時:2018年3月30日(金)20:00 ~ 21:00

【YES!プレセミナーへのお申し込みは、こちら】

参加費:各回 4,000円(税込)
主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

 


このブログの感想をレターでいただけますか?
応援・批判どちらも受け付けています。

>>>吉田頌平のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 【肩を前から触診・評価してますか?】療法士に必要なセルフエクササイズの…

  2. 【すぐに実践可能!動作分析を上達させる、3つの方法】療法士に必要なセル…

  3. 『動作分析・運動療法・セルフエクササイズ!analysisコース1ヶ月…

  4. 立ち直り反応、動作分析

    『立ち直り反応から見る動作分析とアプローチ法〜開催報告〜』

  5. 『肩甲骨の触診』

  6. 『なぜ同じようにできないの?』

  7. 【歩いている時に太ももが疲れやすい人の特徴って?】療法士に必要なセルフ…

  8. 【動作分析が上達しない…その理由は?】療法士に必要なセルフエクササイズ…

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧