【遊びながら動作分析してる??】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その38~

こんにちは!

モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

さて、今回は
「遊び」に視点を当てていきます。

別にスポーツマンでもなく、インドアで過ごすことが多い私ですが
『どうやったら、風呂場の掃除を
肩の外旋を入れずにゴシゴシできるかな〜』
など、自分の身体の動きを観察することが
ひとつの趣味であります。
(妻には理解されませんが…)

ところで、あなたは普段どんなことをして遊んでいますか?

その遊びの中で、身体がどんな動きをしているのか
感じる機会はありますか?

もし、その機会がありましたら、
それは素晴らしいことです。

では、遊びで行っている動きは
全身にどう関わるのか、考える機会はありますか?

意外と、考えることまでは
やっていないのではないでしょうか。

実は、動作分析を行う上で
普段の動きを知ることは、とても重要なことです。

リハビリテーションで目指すのは、生活の再構築ですから
生活をどうやって営んでいるのか?
仕事をどうやって行っているのか?
遊びをどうやって楽しんでいるのか?

この辺りを、全身で感じて考えることが
そのまま臨床現場での経験値につながります。

つまり、遊ぶことは
自分のためにもなりますし、
利用者さんのためにもなります!!

ぜひ、熱中している自分を
冷静に観察する時間を設けてみてくださいね。

これだけでも、動作分析が上達しますよ^^

もし、
・自分で自分を観察なんてできない…
・誰かと一緒に、一から動作分析を学びたい…
・そもそも、どこをどう見たらいいのかが分からない…

と、思われていましたら

「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」
をチェックしてみてください。

このコース最大の特徴は、
「あなたが、あなた自身を分析すること」にあります。

・歩くときに、安定して一歩を踏み出すために必要な骨盤帯での体重移動
・座位・立位で肩を屈曲するために必要な、腹部~肋骨・胸骨~肩甲骨の動きのつながり方
・立ち上がる時に必要な、股関節と骨盤帯の連動の仕組み
などを、あなた自身の身体を動かしながら学び、

必要な動作分析の視点と、自主トレ(セルフエクササイズ )の構築方法、
評価内容を患者さんへお伝えする方法をお伝えいたします!

「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」


自分の身体を使って、

知識を知恵に変えてみませんか?

療法士活性化委員会

認定講師 吉田 頌平

 

【療活講習会一覧】

”信頼される療法士になるための土台を作る”>>>療活してる?

講師 吉田頌平 研修会情報(他団体)

英会話を通じて、
患者さんとのコミュニケーションを
見直してみませんか?

療法士のための英会話講座【YES!】
(本講座は、対面式オンラインセミナーです。)
*お申し込みの際は紹介者に「療法士活性化委員会」とご記入ください。

《 プログラム一覧 》

YES!プレセミナー
【 内 容 】
・英会話をマスターするための《3つのルール》
・勉強のための英語を、話すための英語に変える方法
・高速でリスニング↔︎翻訳できるマインド養成法
・考えたことを、英語でシンプルに伝える

【 開 催 日 時 】
《第7回目》開催間近!!
日時:2018年5月4日(金)20:00 ~ 21:00
《第8回目》
日時:2018年5月18日(金)20:00 ~ 21:00
《第9回目》
日時:2018年6月8日(金)20:00 ~ 21:00
《第10回目》
日時:2018年6月22日(金)20:00 ~ 21:00
《第11回目》
日時:2018年7月6日(金)20:00 ~ 21:00
《第12回目》
日時:2018年7月20日(金)20:00 ~ 21:00

【YES!プレセミナーへのお申し込みは、こちら】

参加費:各回 4,000円(税込)
主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

 


このブログの感想をレターでいただけますか?
応援・批判どちらも受け付けています。

>>>吉田頌平のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 【なぜ動画を見るだけでは、動作分析が上達しないのか?】療法士に必要なセ…

  2. 【動作分析のとっかかりは、ここを見よう!】療法士に必要なセルフエクササ…

  3. 転倒, 理由

    【雪道の歩き方から考える、転倒リスクが高まる理由】療法士に必要なセルフ…

  4. 【セルフエクササイズの構築方法】療法士に必要なセルフエクササイズの考え…

  5. 【肩を前から触診・評価してますか?】療法士に必要なセルフエクササイズの…

  6. Assessmentコース膝・足関節編

  7. 『評価→治療の流れは間違え!』

  8. 評価とは?

    『2〜5年目の療法士へ・・・』

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧