スタッフ紹介

【代表 大塚 久】

職種:理学療法士新人触診2

出身校:東京衛生学園専門学校

プロフィール

養成校時代は勉強よりも遊びを優先し、
解剖学・運動学などは常に赤点、追試を受けていた。

中でも「触診」は特に苦手で
「なぜ触診を学ぶ必要があるのか?」が全く分からず、
実習先でも触診ができずにその先の評価・治療ができずに悩んでいた。

あまりにできな過ぎてクラスメイトが実習で数十ページに及ぶレポートを作成して提出・発表している中、
レポートページ数5ページ(表紙含む)という驚愕のレポートを提出・発表。

発表時間を半分以上残して質疑応答が終わるという
今考えるとなぜ実習を通ったのかすらわからない学生生活を送る。

それでも専門学校を卒業し、理学療法士免許を取得。
療養型病院に就職する。

就職してからも特に可もなく不可もなく淡々と日々を過ごし、
担当患者様も自分が介入したから良くなったのかもわからず

「悪くはなっていない」からという理由で自分を納得させていた

そして良くならないのは療養型病院という環境が悪いと考え、
きっと自分の技術で来る患者様みんな良くなるだろうという
根拠の無い自信の元整形外科クリニックに転職。

その自信はわずか3か月程度で粉々に打ち砕かれる。

その後技術を磨くために徒手療法系のセミナーを数々受講するも、
なぜかうまくできない。

同じセミナーを受けても
すぐできる人と、全くできない自分との差
何かを考え始める。

出た答えは「触診」

そもそも触れてもいないのに評価・治療ができるのか?

そこに気付き触診を学び始めてから一気に状況は一変。
評価・治療での結果が目に見えて出てくるようになり、

患者様から指名されるまでになる

さらに特にうまい人は触り方だけでなく、
自身の身体の使い方・患者様との間合いなど、
触り方だけではない部分の違いがあることを実感。

その差を一つ一つ解消することで
苦手な療法士でも触診が上達
することが分かった。

偉大な先人たちの功績により
現在では様々なエビデンスや手技が多数報告されている。

しかしそれを生かすためには
まず触れること大事と考え
触診セミナーを主催するようになった。

現在では年間500名を超える療法士に触診の意義を伝え、
療法士としての土台を作ってもらうための活動を行っている。


【講師 加藤 淳】

職種:作業療法士

プロフィール

作業療法士免許を取得後、
約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。
その中で、機能回復ではなく
『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』
をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、
多くの利用者様・ご家族様から支持される。

現在は臨床現場を離れ、
療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、
都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。


スタッフ

【林 凌磨】

職種:理学療法士

プロフィール

回復期病棟での臨床経験をもとに現在は整形外科クリニックに勤務。

正確な触診と問診の技術をもとに

「その人らしい生活を送れるように」

をテーマにリハビリに従事している。

 

 


【小瀬野 未由来】

職種:理学療法士

プロフィール

現在は整形外科クリニックに勤務。

「患者様の生活のために療法士の介入をいかに減らしていくか」

をテーマに臨床に従事している。

地域包括ケアにも関心をもち、療法士として地域に貢献する方法を模索している。

 

 

 


 その他

理学療法士5名、作業療法士3名で構成

全員元受講生。
一つ一つを積み重ねることで自身の成長を実感した方々が賛同していただいています。

元受講生という立場であるため、聞きにくいスタッフではなく、なんでも聞きやすいスタッフとして

セミナーを支えてくれています。

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録