こんなことで悩んでいませんか?

・触診が苦手
・自分が何を触っているのかがわからない
・触っている骨や筋の確認の仕方がわからない
・治療の効果がいまいちはっきりしない
・セミナーで学んだ技術が生かせない
・動作分析をしてもどの関節や筋にアプローチしていいか見当がつかない

・触ると痛いと言われてしまう
・変化を出せる手技が知りたい
・評価ができない
・成長している実感がない
・全然できないねと職場で言われてしまう
・患者様・利用者様から信頼される療法士になりたい

もし一つでも当てはまるなら触診を学んでください。

療法士としての基本のスキル

療法士の仕事は
1、日常生活で問題となっている動作を分析する
2、評価をする
3、アプローチをする
が基本的な流れです。

この1〜3で全てに必要なスキルが「触診」です。

例えば、、、
動作分析でも
動きが悪い部位にどんな関節があるのか?
筋の緊張はどうか?
動きを補助たらどうなるか?
これらを「触って」確認します。

評価の場面でも
関節可動域測定
筋力テスト
ブルンストーロームステージテスト
などなどほとんどが「触って」評価します。

アプローチは
徒手的なものはもちろん関節や筋に触れる必要がありますし、
動作の訓練にしてもハンドリングで「触って」誘導します。

このセミナーではこんなことが学べます

・触診が上達するコツがわかります
・触診で大事な3か条を知ることができます
・関節や筋肉の触診方法が学べます
・何を触っているのかわかるようになります

・変化の出る手技を学ぶことができます
・痛みを出してしまう原因がわかるようになります
・患者様との信頼関係が築けるようになります
・一緒に勉強する仲間ができます

講習会詳細

内容 ・触診が上達する6つのコツ
・触診の3か条
・肩甲骨の触診
・骨盤の触診
・脊柱のランドマークの触診
・大腰筋の触診
・肩甲胸郭関節のモビライゼーション
・脊柱のモビライゼーション
・大腰筋リリース
・触診を応用した姿勢の観察法
・触診を応用し動作分析法
日時 平成30年6月16日(土)10:00〜16:00
会場 千葉県南総文化ホール
〒294-0045 館山市北条740番1
定員 24名限定
参加費 7,900円(税込)
参加資格 医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、養成校学生(学生は受講料が半額となります。)
持ち物 筆記用具
ヨガマット(推奨、バスタオルで代用可)
バスタオル1枚
動きやすい服装