Assessmentコース

できるようになった触診を評価・アプローチに繋げる

こんなことに悩んでいませんか?

・ 先輩の言っている評価ができない
・ 促通する方法を知らない
・ 体幹、上肢、下肢の運動連鎖をどう理解すれば…
・ 評価→治療の流れがつかめない
・ 評価に時間をかけすぎて介入時間が短い

・ 評価をするがどう解釈していいの?
・ 運動療法を効率よく実施できない
・ 動きは良くなったのに、ADLは向上しない・・・
・ リハビリ中のADL動作はいいのに、生活では・・・
・ しているADLとできるADLの差が激しい・・・

もし一つでも当てはまるなら評価を学び直しませんか?

【まずは要因を把握する評価を】

Assessmentコースは、運動学に乗っ取った人間本来の関節の動きの評価をお伝えする内容です。
そのため、整形・中枢・小児全ての領域で活きる内容としています。
その運動学を6日間で脊柱・骨盤・股関節・膝関節・足関節・肩関節・嚥下をテーマにお伝えしています。

【出来るADLから、しているADLへ】

想像ください。
生活の中で意識して動くことはどのくらいあるでしょう?
『よし、歯を磨こう!』と考え、意識して肘関節の屈伸をコントロールしていますか?
『よし、水を飲もう!』と考え、意識して手指の屈伸をコントロールしていますか?

すべての動きは無意識にコントロールされています。
しかし、この無意識にコントロールできず、一生懸命意識下でコントロールしているのが私たちが対象としている患者様・利用者様です。

でも、患者様・利用者様は
・無意識で動かせない・・・
・意識してやっても、一生懸命しないといけないから辛い・・・

っと感じてしまっています。
だからこそ、出来るADLとしているADLに差が出てしまうのです。
そのためには、無意識に動かしやすい身体基盤を作ることがポイントです。
Assessmentコースはこの無意識に動かしやすい身体基盤を作る評価・アプローチを徹底的に考えた構成となっています。

Assessmentコースで学べること

・全身を見る力が養えます
・骨盤の促通方法
・体幹の促通方法
・股関節の評価、促通方法

・膝関節の評価、促通方法
・足部の評価、促通方法
・肩関節の評価・促通方法
・嚥下の基礎知識、評価、介入方法

講義内容

1ヶ月目 <1日目>
Basicコースで学んだ触診を復習し、さらにAssessmentコースで必要となる部位の触診をします。
〜 AM:疼痛の機序 〜
1.1 生理学から説明する疼痛の機序
1.2 Basicコースで学んだ触診を復習〜 PM:触診 〜
1.3 大腿骨頭触診
1.4 梨状筋触診
1.5 肩甲下筋
1.6 小円筋
1.7 大円筋<2日目>
〜 AM:体幹・骨盤〜
2.1 腸腰筋の促通
2.2 多裂筋の促通
2.3 胸椎可動性の促通
2.4 ADL動作までの落とし込み方

〜 PM:股関節 〜
2.5 立位での股関節の評価
2.6 外旋6筋の促通
2.7 ADL動作までの落とし込みみ

2ヶ月目 <3日目>
〜 膝関節 〜
3.1 OKCとCKCの違い
3.2 膝蓋骨のモビライゼーション
3.3 終末強制回旋運動の促通
3.4 膝関節と足関節・股関節の関連性
3.5 ADL動作までの落とし込み方<4日目>
〜 POSが知っておきたい嚥下への介入方法 〜
4.1 嚥下に良い姿勢
4.2 食事姿勢に対するシーティング
4.3 なぜ頸部伸展位となるのか?
4.4 臥位時のポジショニングと嚥下
4.5 嚥下に対する徒手療法
4.6 POがしたい嚥下への介入方法
3ヶ月目 <5日目>
〜 肩関節1 〜
5.1 肩関節の運動学
5.2 胸鎖関節の評価・アプローチ法
5.3 肩鎖関節の評価・アプローチ法
5.4 肩甲上腕関節の評価
5.5 肩甲上腕リズムの評価
5.6 肩甲胸郭関節のアプローチ法<6日目>
〜 肩関節2 〜
6.1 臼蓋上腕リズムの評価・アプローチ法
6.2 ADL動作までの落とし込み方
6.3 検定試験

対象となる疾患・動作・状態の例

肩関節周囲炎
パーキンソン症候群
巻き肩
食事でリーチ動作が困難な方
歩行時にトレンデレンブルグ兆候がみられる方
四肢麻痺で骨盤後傾位となっている方
下腿骨折の方
脊柱管狭窄症の方
廃用症候群の方
前脛骨筋の出力が低下している方
嚥下機能が低下している方

片麻痺で膝関節の反兆膝で歩行してしまう方
変形性膝関節症の方
変形性股関節症の方
大腿骨頚部骨折の方
脊柱圧迫骨折の方
アキレス腱断裂OPE後の方
高原骨折の方
扁平足の方
腰痛の方
股関節屈曲拘縮のある方
など…

詳細

日程 第4期:平成30年 10月27,28日 11月24,25日 12月22,23日
第5期:平成31年 4月27,28日 5月25,26日 6月23,24日
会場 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002
横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
定員 24名
参加費 1日17,000円(税込)
6日間まとめてお申し込みで → 91,800円(税込)
*分割でのお支払いも可能です。分割でのお支払いをご希望の際は申し込み時備考欄に「分割での支払いを希望」とご記入ください。
*単日での申し込みの場合は別途テキスト代5,980円(税込)が必要となります。
参加資格 Basicコース終了者
持ち物 筆記用具
ヨガマット
動きやすい服装

【参加者の声】

previous arrow
next arrow

【講師】

氏名:加藤淳
職種:作業療法士
セロトニントレーナー

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。
その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。
現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。

執筆活動

『認知症をもつ人への作業療法アプローチ– 視点・プロセス・理論 –』 小川真寛著(共同執筆)