【OT限定】ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー

【OT限定】ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー

OTのリハビリは思っているより忙しい!

ADLをよりよくするためにやるこOTができることはとは上肢機能はもちろんのこと、ADL全般として

  • トイレ動作
  • 食事動作
  • 更衣動作
  • 入浴動作
  • 整容動作

等様々な動作の訓練を行います。

これらの動作訓練をもっと効率的に行いたいと思いませんか?
もちろん動作を修得するには繰り返しの訓練が必要です。
でも繰り返し動作を行う前により効率的な動作が行える身体の状態にしておくことが大切です。

例えば自転車に乗る時を思い出してみてください。

  • 買ったばかりの新品の自転車
  • 長年使って錆びてチェーンも伸びた自転車

どちらが効率的にこぐことができるでしょか?
おそらく新品の自転車の方が効率的にこぐことができると思います。

患者様・利用者様も同じ状態なんです。

  • 関節の可動域制限、筋力の低下のある状態のままADL訓練を行う
  • 関節可動域の改善や筋肉が使いやすい状態にしてからADL訓練を行う

どちらが効率的に動作を行えるでしょうか?

ADL動作を効率的に行うには機能面の評価とアプローチ方法を知っている必要があります。
そのための触診をまず学んでください。

触診ができるようになると、、、

「〇〇の患者様ですが、トイレ動作が自宅でより効率的にできるようになるため、坐位からの立ち上がりと立位保持の安定性の向上が図れるといいと思います、そのために股関節の可動域と下肢の筋力強化が必要なんですが機能面に対してアプローチしてもらえますか?」

PTに対してこのように指示するためにも機能面の評価・アプローチを知ることは大切です。

より効率的に患者様の生活をデザインするために機能面の評価の基礎である

触診とそのアプローチ法を学ぶことをおすすめします。

このセミナーではこんなことが学べます

  • ADL動作から機能的な評価項目を抽出できるようになります
  • 効率的なADL訓練ができるようになります
  • ADL動作に変化を出せるアプローチ方法が学べます
  • 触診ができるようになります
  • 評価のポイントがわかるようになります
  • 患者様、利用様へ説明ができるようになります

講習会詳細

内容

【ADL動作から問題点を抽出し評価・アプローチ法】
・ADL動作の分析WS
・動作から抽出した問題点に対する評価法
・関節モビライゼーション、筋膜リリースを用いた徒手的アプローチ方法

【ADLを効率的にするための骨・筋の触診】
・肩甲骨の触診
・上腕筋、上腕三頭筋の触診
・大腰筋の触診
・近位脛腓関節の触診

日時 2021年5月15日(土)10:00〜16:00
会場 【土日開催】
ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
【平日開催】
あなたのお悩み駆け込み寺永久 
〒251-0038 藤沢市鵠沼松がおか3−27−6 大牧マンション301
定員 【土日開催】24名限定
【平日開催】8名限定
参加費 8,690円(税込)
参加資格 作業療法士、言語聴覚士、養成校学生(学生は受講料が半額となります。)
持ち物 筆記用具
ヨガマット(推奨、バスタオルで代用可)
バスタオル1枚
動きやすい服装

受講者の声 平均おすすめ度 7.9点(10点満点)

8点 回復期 作業療法士  N.M様

  • 内容がよかった。
  • 触診やモビライゼーションを職場で実際にやってみようと思います。

9点 回復期 作業療法士 F.N様

  • 質問がしやすい環境でとても楽しく学べた。
  • 上肢の触診ができるようになった。今回できなかった部位の触診もでいるようになりたい。

8点 急性期 作業療法士

  • 触診と機能訓練をADLへどうつなげたらいいかがわかった。
  • 自分の力の抜き方を知りたい。

9点 回復期 作業療法士 Y.I様

  • わかりやすい説明で今後に繋げられる内容だった。
  • リーチ動作を身につける際のアプローチの方法が増えた。
  • 臨床で積み重ねてもっとわかるようになりたい。

9点 回復期 作業療法士

  • PT・OTの視点や機能訓練の方法、目的の違いがわかった。

9点 老健 作業療法士

  • OT視点での機能訓練の目的や必要な手技が理解できた。
  • PTだけでなくOT、STなど他職種にも伝えたい内容だった。

10点 回復期 作業療法士

  • 実際に体験することですごくわかりやすく、楽しくできた。
  • 新人として入ってくる療法士、同期にも勧めたい。

10点 訪問リハビリ 作業療法士 H.O様

  • 機能訓練とADL訓練の内容がよくわかった
  • 経験の短い人も長い人もどちらにも勧めたい