慢性疼痛に対する痛み・神経の科学的根拠をもとにした末梢神経への徒手介入法 ~DNMアプローチ~

慢性疼痛に対する痛み・神経の科学的根拠をもとにした末梢神経への徒手介入法 ~DNMアプローチ~
 

 

 

DNM(Dermo Neuro Modulating)とは?

Dermo=皮膚、Neuro=神経、Modulating=変化という意味で、カナダの理学療法士であるダイアン・ジェイコブス先生が考案した最新のペインサイエンスとニューロサイエンスをベースに皮神経など全身の末梢神経にアプローチを行う徒手療法です。

現在では世界21ヶ国以上に広がっています。

DNMの考え方と慢性疼痛へのアプローチ

末梢神経や皮神経の絞扼(締めつけ)が、押すと痛みを感じる圧痛点の原因であると考えています。なぜなら、末梢神経には血管が並走しており、その血流が絞扼や圧迫や伸長などにより血流が滞り、神経内の侵害受容性線維を刺激することで起こるからです。

実際のアプローチとして皮膚の神経であれば皮神経と血管が変化するようにスキンストレッチ=皮膚の伸展を行います。筋肉の中などを通る深い神経は、関節を曲げることで神経自体を短く太くして血流を促します。

結果的に圧痛点はなくなり、疼痛もなくなり、可動域も増えます。神経系が警戒しないようテクニックは優しく、ゆっくり、軽く行います。また、筋肉の持続的な収縮状態は、侵害刺激による脊髄反射が原因であって筋肉が原因ではないと考えています。

他の徒手療法ではあまり重要視していなかった神経系の視点を大切にすることで、いままでの徒手アプローチと合わせ、活かす事ができると考えています。

そしてDNMの理論は、よくあるアプローチの一つではなく、全てのアプローチを神経系から説明する「説明モデル」です。痛みや慢性疼痛に対する新しいアプローチとして、DNMは効果を発揮します。

DNMのアプローチ方法

スキンストレッチ

ダイセムというゴムフィルムを用いて皮膚をストレッチする方法

バルーンテクニック

やさしく皮膚の層を掴んで反対側の皮神経に対してアプローチする方法

ツイズリング

腕や脚をやさしく回してアプローチする方法

コントラクト・リラクゼーション

抵抗を用いて収縮と弛緩を繰り返す方法

ポジショナルリラクゼーション

深い神経が、短く太くなり血流が増えるポジションに腕や脚をもっていき、しばらくキープする方法

 

療法士活性化委員会で開催するDNMの講習では、DNM JAPANの認定アドバイザーが講師として行います。本コースでは、DNMの概念やアプローチ方法を学ぶことができますが、認定資格を発行するものではありませんのでご注意ください。認定資格の習得をしたい方やDNMについてもっと詳しく知りたい方は「DNM JAPAN」のホームページで紹介されているため下記のリンクからアクセスしてご覧ください。

更に詳しい情報は、DNM JAPANの公式サイトでご確認いただけます。

DNMセミナーに参加しませんか?

最新のペインサイエンス、ニューロサイエンスを学び、患者さんの生活の質を向上させましょう。

今すぐ申し込む

 

講習会詳細

日時 2023年11月19日(日)9:30〜16:30
会場

【土日開催】
ウィリング横浜 オフィスタワー
〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1丁目6−1

定員 土日:24名
参加費 11000円(税込)
参加資格 医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、養成校学生(学生は受講料が半額となります。)
持ち物 筆記用具
ヨガマット(推奨、バスタオルで代用可)
普段使用している解剖学の教科書
バスタオル1枚
動きやすい服装
講習会内容

AM:座学

  1. DNMについて
  2. DNMの概念
  3. DNMのアプローチの詳細
  4. 疼痛について
  5. 鎮痛について等

PM:実技

頸部・腰部・臀部・下肢から最低1つ以上実施する予定です。

*予告なく内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。

DNMセミナーに参加しませんか?

最新のペインサイエンス、ニューロサイエンスを学び、患者さんの生活の質を向上させましょう。

今すぐ申し込む