【OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【排泄編】

こんなことで悩んでいませんか?

こんなことで悩んでいませんか?

  • 決まったプログラムになっていること
  • 高次脳機能障害の方や立位での後始末の方法の引き出し不足。
  • 自身の勤める病院、領域以外の意見や、リハの行い方に関する知見が乏しかった点
  • 更衣、トイレなどに対する訓練法やアプローチポイントが理解できていない。
  • ADLのアプローチの引き出しが少ない
  • 自分の考え方だけだと行き詰まってしまうことがあり悩むことが増える
  • 食事場面に対するアプローチの経験が乏しい
  • これまで勉強した事がどの位活用できたか?また、他のADLを考える時に応用が利くかが課題
  • ADLに対してのアプローチの考え方や引き出しが少ない

もし一つでも当てはまるなら参加を検討してください。

正直これを解決する方法って講習会で学んだだけでは解決できないんです。

解決する方法は講習会で学んだ知識を自分の臨床に照らし合わせてアウトプットすること。

そして他の作業療法士の考え方を聞いてみることが必要です。

例えば、朝起きてから何をしますか?

朝起きて

  • ベッドから起きるのか?
  • 布団から起きるのか?

で起き上がりのADL訓練の方法が変わります。

また

  • 寝返ってから起きるのか?
  • うつ伏せになって起きるのか?
  • 柵を使って起きるのか?
  • そのまま真っ直ぐ起きるのか?
  • はたまた起こしてもらうのか?

と起き上がり方によってもその方法は様々あります。

なのでOTの行うADL訓練は「この状態にはこの方法」といった画一的なものは存在せず、対象者の機能、能力、環境に合わせて、OT自身が考えて行う必要があります。

この考えるのが難しいんです。

考えられるようになるには何が必要か?

考えられるようになるには

  1. 動作に必要な要素
  2. その人にとって必要な環境と情報の受け取り方

の2つが必要です。

例えば食事動作であれば、

食事動作に必要な

  1. 頭頸部
  2. 上肢
  3. 下肢

の動きの要素を知る必要があります。

またその動きを発露するために現在の環境をどう捉えているか? を

  1. 環境設定
  2. 情報の受け取り方(視覚、聴覚、触覚など)

が必要です。

今回のセミナーではこの動きに必要な要素に対する介入方法、環境に合わせたADL訓練の方法をお伝えします。

そしてさらに考えた方法を他の療法士に共有して別の視点からのいけんwおもらうことでよりブラッシュアップされます。

今回の研修会では

  1. 動作に必要な要素
  2. その人にとって必要な環境と情報の受け取り方
  3. アウトプットによるブラッシュアップ

を行うことができるようになります。

講習会詳細

内容

【ADLにつなげるために 〜排泄編〜】
AM
1、動線の移動について
 ベッドから起き上がり、目的地(トイレ)までいくにはどのコースを、どうやって移動するか?
 歩行、伝い歩き、車椅子など
2、トイレ動作について
 男性のトイレ動作
 女性のトイレ動作
3、徒手的介入法
 頸部、肩甲帯、股関節

PM
4、トイレ動作の工程分析
5、工程別のポイント
 ・感覚について
 ・ドアの開閉について
 ・下衣の着脱について
 ・着座について(視空間認知など)
 ・排便、排尿動作について(PTとの連携、男性特有の動作含む)

グループワークを中心に行っていきます。

日時 2022年12月18日(日)9:30〜16:30
会場

【土日開催】
ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内

定員 【土日開催】12名限定
参加費 8,690円(税込)
参加資格 作業療法士、養成校学生(学生は受講料が半額となります。)
持ち物 筆記用具
ヨガマット(推奨、バスタオルで代用可)
バスタオル1枚
動きやすい服装

受講者の声 

  • 今やってる機能訓練が生活のどの部分に繋がってるかわかりやすいのでよかったです!
    最初に起床の話をして、そこから食事にいったので説明するときに
    患者さんの起きてから寝るまでの生活を考えたときに何が必要っていう導入があると食事やその他ADL動作への導入がしやすいと思いました!
    この説明をすれば、担当患者さんの生活の中で今どの部分がうまくできてないのか、どの生活動作が必要なのか考えてもらうきっかけにもなりトップダウンでADL動作から機能面へと考えるきっかけにしやすいかなと思いました!
  • そのADL(食事)で必要な動作に対して、評価からアプローチ方法を提示して下さったのと、例えがわかりやすかった(書字がスプーンの練習に繋がる等)ので、臨床に応用しやすいなと感じました!
  • 急性期での入院期間では基本動作で完結してしまいがちですが、OT的な視点で最終的にどのような動作を行えるようにしたいかの目標が明確になりそうで、とても有意義でした。
  • 食事動作だけではなく、食事の調理・配膳を知る、食べ物の五感の認識、配膳の位置関係、排便コントロール等、ICFの要素全てを踏まえて食事を捉えるのが良かったです。
  • 要素ごとに具体的なスクリーニング評価(食べ物の臭い当て等)があるので現場に活かしやすいように感じました。
  • グループディスカッションで職種や職場の違う人の意見をシェアすることで気づきや視点の幅が翌日から広がる感じが良かったです。
  • 導入での「朝起きてから、まず何をしますか?」という質問により具体的な一日の流れの中でのADLを思い浮かべる事ができて良かったです。また、それぞれ具体的なアプローチ例が色々参考になりました。 
    グループディスカッションでは、自分が思い付かないご意見や視点に気づかせて頂き勉強になりました。