【6日間で学ぶ】評価・アプローチの為の骨・筋の触診セミナー

LINEで送る
Pocket

【触診を学ぶことで患者様に自信を持って評価・治療ができる療法士になりませんか?】

3か月で患者様から信頼される療法士
になる方法をお伝えします。

作業療法士の方はコチラのページをご覧ください

>>>OTにはできる事が沢山ある!!<<<


【こんなことで悩んでいませんか?】

・触診が苦手
・自分が何を触っているのかがわからない
・触っている骨や筋の確認の仕方がわからない
・治療の効果がいまいちはっきりしない
・セミナーで学んだ技術が生かせない
・動作分析をしてもどの関節や筋にアプローチしていいか見当がつかない
・触ると痛いと言われてしまう
・変化を出せる手技が知りたい
・評価ができない
・成長している実感がない
・全然できないねと職場で言われてしまう
・患者様・利用者様から信頼される療法士になりたい

もし一つでも当てはまるなら、まず「触診」を学んでください。


医師もこのセミナーを受講しています】

〜 M.S様  医師  〜

・ 改めて触診の大事さを学ぶことができた。自身で思っていたよりも筋や神経の走行、太さなどが異なっている
ことがあり新たな発見になった。
・ 関節モビライゼーションや筋膜リリースでここまで身体に変化が出るとは思わなかった。
・ 改めて復習したいと思った。


【まずは療法士としての土台を作ること】

現在様々な手技やテクニックをお伝えするセミナーがあります。
しかし実際に臨床の場面ではうまく生かしきれない、
そんな経験はありませんか?

それはなぜか?
実は基本である触診の技術があいまいだからなんです。

例えば動作分析を行う際、動いている部分はどの筋肉か?
動かない関節に対してモビライゼーションを行う場合、
どの骨を固定すればいいか?

起き上りを促通する際にどの筋を促通すればいいか?

どれも正確な「触診」の技術が必要になります。

 


【実は講師も最初は評価・治療のアプローチが曖昧でした】

患者様との信頼関係をうまく構築することができず、
毎日の仕事が嫌で仕方がありませんでした。

でも「触診」を学んでからは患者様から
「またあなたに診てもらいたいわ、ありがとう」
と言われるようになりました。

最初は様々な評価法や、
手技の講習会に行きましたが、
なかなか上達しませんでした・・・

それはなぜかと言うとそもそも正確に触れていないことが原因でした。

一つ一つの骨や筋を正確に触れることで、
評価・アプローチが明確になり、
結果も出るようになりました。

結果が出ることで患者様との信頼関係も構築できるようになり、
毎日の仕事が楽しくなりました。

あなたも触診を学ぶことで結果を出し、
患者様との信頼関係を構築し、
毎日楽しく仕事をしたいと思いませんか?

>>>お申込み<<<


【触診を学ぶには実際に触れて確認する事が大切です】

触診を身につけるためには

  1. 解剖学的なイメージを持つ
  2. 実際に触ってみる
  3. 確認して修正する
  4. 1~3を繰り返し練習する

この過程が必要です。

 当協会ではこの過程を3か月徹底して繰り返します!!

受講生8人に対し1人の割合でスタッフが付き、
実技中心で触る、確認する、修正するを繰り返し行っていきます。

これにより3か月後には療法士としての土台をしっかりと作っていただきます。

あなたもこのセミナーを受講することで
患者様から信頼される療法士になりませんか?


【Basicコースで学べる事】

・ 体幹・上下肢の骨・筋の触診が学べます

・ 体幹・上下肢の骨のモビライゼーションが学べます

・ 体幹・上下肢の筋の筋膜リリースが学べます

・ 触診する際のより効率的な身体の使い方が学べます

・ 目標設定から問題点の抽出、評価、治療の流れが学べます

・ 療法士としての土台が身につきます

・ 基礎である触診を学ぶことで様々な技術がより効率的に使えるようになります

・ 報告書の作成方法が学べます

・ 症例検討を通して様々な考え方が学べます

>>>お申込み<<<


【コース詳細】

※ 3か月で全ての講座を受講していただきます。

※ 2か月目、3か月目から等途中からの参加も受け付けております。

※ 日程の都合がつかない場合は振替の受講もできます。

【1か月目 体幹編】

<1日目>

DSC_0300〜 AM:触診 〜
◯頸椎  ◯胸椎  ◯腰椎
胸鎖関節  ◯PSIS  ◯腸骨稜

〜 PM:関節モビライゼーション 〜
C2  ◯C7  ◯脊柱  ◯胸鎖関節

※ 触診が上達するための6つのコツ、股関節・手指のコンディショニング

※ 評価の流れ、報告書の書き方

<2日目>

〜 AM:触診〜
◯大腰筋  ◯最長筋  ◯腸肋筋  ◯多裂筋  ◯胸鎖乳突筋  ◯斜角筋、(僧帽筋)

〜 PM:筋膜リリース 〜
◯大腰筋  ◯多裂筋  ◯胸鎖乳突筋  ◯斜角筋(僧帽筋)

◯体幹深層筋の活性化  ◯階層的触診の方法
症例検討

 【2か月目 上下肢編1】

<3日目>

〜 AM:触診 〜
◯肩甲上腕関節  ◯腕橈関節  ◯手根骨  ◯股関節  ◯近位脛腓関節  ◯距腿関節

〜 PM:関節モビライゼーション 〜
◯肩甲上腕関節  ◯腕橈関節  ◯手根骨  ◯股関節  ◯近位脛腓関節  ◯距腿関節
症例検討

<4日目>

〜 AM:触診 〜
◯小胸筋  ◯棘下筋  ◯肩甲下筋  ◯大殿筋  ◯ハムストリングス
◯前脛骨筋  ◯長短腓骨筋

〜 PM:筋膜リリース 〜
◯小胸筋  ◯棘下筋  ◯肩甲下筋  ◯大殿筋  ◯ハムストリングス
◯前脛骨筋  ◯長短腓骨筋
症例検討

【3か月目 上下肢編2】

<5日目>

〜 AM:触診 〜
◯腕尺関節  ◯肩甲胸郭関節  ◯中手骨  ◯膝蓋大腿関節  ◯リスフラン関節

〜 PM:関節モビライゼーション〜
◯腕尺関節  ◯肩甲胸郭関節  ◯中手骨  ◯膝蓋大腿関節  ◯リスフラン関節
症例検討
復習

<6日目>

〜 AM:触診 〜
◯上腕筋  ◯上腕三頭筋  ◯浅・深指屈筋  ◯中殿筋  ◯大腿四頭筋  ◯膝窩筋  ◯膝蓋下脂肪体  ◯足底筋

〜 PM:筋膜リリース〜
◯上腕筋  ◯上腕三頭筋  ◯浅・深指屈筋  ◯中殿筋  ◯大腿四頭筋  ◯膝窩筋  ◯膝蓋下脂肪体  ◯足底筋膜

◯症例検討
復習

 

*進行状況によりお伝えする内容は変更になる場合がございます。何卒ご理解ください。


【受講者特典】

6日間修了者へBasicプラクティショナー認定書を発行いたします。


【日程】

平成29年度の日程

第1土日 体幹編 上下肢1 上下肢2
第1期 1月14,15日 2月4,5日 3月4,5日
第2期 4月1,2日 5月6,7日 6月3,4日
第3期 7月1,2日 8月5,6日 9月2,3日
第4期 10月7,8日 11月4,5日 12月2,3日

*日程の都合のつかない場合は(114日、42日)等期をまたいでの受講も可能です。

*途中からの参加も可能です。

平成30年度の日程

第1土日 体幹編 上下肢1 上下肢2
第5期 1月6、7日 2月3,4日 3月3,4日
第6期 4月7,8日 5月5,6日 6月2,3日
第7期 7月7,8日 8月4,5日 9月1,2日
第8期 10月6,7日 11月3,4日 12月1,2日

【会場】

ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー

233-0002  横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内

詳細はコチラ>>>アクセス


【持ち物】20160924%e8%83%b8%e6%a4%8e%e8%a7%a6%e8%a8%ba%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab

・ヨガマット (バスタオルで代用可)

・バスタオル1枚

・触診部位を露出できる服装でいらして下さい。

(実際にペンでマーキングしていきます。服の上からマークする場合はシールをご用意致します。)

女性はキャミソールなどの薄手の服装をご用意ください。


【受講料】

1日12,000円(税込)+テキスト代2,980円

3か月6日間全てお申込みで 
72,000 → 59,800円(テキスト代含む)税込

(1日あたり約9,900円)

*お支払いは銀行振り込みまたはPay Palによるクレジットカードをご利用いただくことができます。

分割払いについて

キャンセルポリシーについて


【定員】

※ 先着24名限定

講師が一人ひとり触診部位を確認し、修得することを第一とするため少人数にさせていただきます。

>>>お申込み<<<


【講師】

新人触診2

氏名:大塚 久 (代表)

職種:理学療法士

プロフィール:
なぜできないのか理由を捉え、理解しやすい伝え方での実技指導に定評が高い。

療養型病院、整形外科クリニックでの勤務経験を経て平成27年5月に療法士活性化委員会を立ち上げる。

立ち上げから約2年で触診をテーマとしたセミナーを70回開催。

延べ1,200名の療法士が同委員会のセミナーに参加。 

湘南活性化計画実行委員長 ドイツ徒手医学協会認定  ベーシックセラピスト

LINEで送る
Pocket