実践・体験でわかる!利用者さんの生活につなげる動作分析セミナー

これまで習得した触診・評価・アプローチを
利用者さんの生活につなげませんか?

 

「評価と介入が介入目標につながらない…」

「ROMは改善したけど、ADLにつながらない…」

「患者さんにセルフケアの方法を伝えられない…」

 

触診と関節運動の促通ができるようになったけど、
動作やADLに結びつけられなくて悩んでいませんか?

Motion Analysisコースは、
動作時に求められるより詳細な解剖学と運動学を学び、
これまで学んだ触診・アプローチ法を深化させ
利用者さんとともに動作の再獲得へ向けた
プログラム構築ができる内容になっています。

 

解剖をより立体的に捉え、より効果的に評価・分析・アプローチする

Motion Analysisコースでは、肩・股関節・体幹の解剖イメージを
立体化する練習を重ねる内容となっております。

Basicコースでお伝えした、Andre ́e Aubin *らが提唱する
触診上達の方法の

1. セラピストが快適と感じる位置を取れていること
2. 解剖を3Dでイメージできること
3. 組織とコンタクトする深さを知ること
4. 何に、何のために触ろうとしているのか
 目的を明確にすること
5. 触診ポイントと関連する箇所の動きを確かめること
6. 上記5段階を最適化できるよう微調整を行う
7. 評価または徒手的介入へ移行する

(*原著
The seven-step palpation method: A proposal to improve palpation skills 
International Journal of Osteopathic Medicine (2014) 17, 66e72)

上記2~5を繰り返す内容となっておりますので
これまで学んだ触診技術とアプローチの質が
飛躍的にアップします。

また、実際にセルフエクササイズに
そのまま応用できる運動を講義中に実践するため

関節の動きを3Dでイメージしやすくなり、
より実践的な動作分析ができるようになります。

 

利用者さんの生活につながる一貫したアプローチへ

Assessmentコースのテーマであった
「無意識に動かせる身体基盤」を
ADLなどの全身の動きに応用していくためには、
関節ひとつひとつが繋がって動くことが重要です。

関節の動きは十人十色で、
全く教科書通りに動くことはありません。

これまで学んだ正常な関節運動、動作をもとに
肩・股関節・体幹を中心に
全身の関節の動きを評価するとともに、

どこのつながりが止まっているのか?
どこの動きが改善すると、全身が動きやすくなるのか?

を見ていくことで、
より個別性の高いプログラムを
立案できるようになります。

さらに、利用者さん自身で
自分をケアする習慣を考えられるようになるための
動作分析の結果を効果的にフィードバックする方法
肩・股関節・体幹に対するセルフエクササイズ

実践を通して学べます。

Motion Analysisコースは、
とことん利用者さんの生活に寄り添った動作分析』を
テーマに、
これまでBasic、Assessmentコースで学んだ技術をもとに
一貫性のある継続したプログラムを立案できるようになるための
構成となっております。

>>>お申し込み<<<

【Motion Analysisコースで学べること】

・Basic、Assessmentコースで学んだ徒手技術を、より効果的にすること
・動作分析に求められる肩・股関節・体幹の解剖学、運動学

・寝返り動作時の肩・股関節・体幹の動作分析法
・ADLにも活かせる、肩・股関節・体幹の段階的セルフエクササイズ
・利用者さんへの効果的なフィードバック方法

 

【講義内容】

1ヶ月目 <1日目>【肩の動きを全身の動作につなげる】
1.1 動作時に必要な肩関節の解剖学・運動学
ーA. 関節包の役割
ーB. 外方四角腔の触診
ーC. 肩関節インピンジメントの発生機序
ーD. 肩関節と体幹のつながり
1.2 体幹から肩へのアプローチ方法の実践・習得
1.3 寝返り動作時に見るべき肩関節の動きの整理

<2日目> 【肩関節を中心に動作を分析する】
2.1 寝返り動作時の肩関節の動作分析の実践・習得
2.2 安定した動作獲得のための肩関節エクササイズの実践・習得
2.3 Basic、Assessmentコースで学んだ内容を
動作につなげるコツ

2ヶ月目 <3日目> 【股関節の動きを全身の動作につなげる】
3.1 動作時に必要な股関節の解剖学・運動学
ーE. 関節包の役割
ーF. 関節包に付着する筋の触診
G. 股関節インピンジメントの発生機序
3.2 骨盤前傾の動きを誘導できるようになる股関節ROMex法の実践・習得
3.3 寝返り動作時に見るべき股関節の動きの整理

<4日目>【股関節を中心に動作を分析する】

4.1 寝返り動作時の股関節の動作分析の実践・習得
4.2 安定したADL獲得のための股関節エクササイズの実践・習得
4.3 Basic、Assessmentコースで学んだ内容を
動作につなげるコツ
3ヶ月目 <5日目> 【体幹の動きを全身の動作につなげる】
5.1 動作時に必要な体幹の解剖学・運動学
ーH. 肩甲帯・骨盤帯の連動した動きのメカニズム
ーI. 腹部筋群の作用
5.2 寝返り動作時に見るべき体幹部の動きの整理
5.3 寝返り動作時の動作分析の実践・習得
5.4 段階的に行えるプログラムを考える方法

<6日目> 【体幹部から全身の動きを分析する】

6.1 動作を活動につなげるためのフィードバック方法の理論
6.2 寝返り動作時の動作分析の実践・習得
6.3 安定したADL獲得のための体幹エクササイズの実践・習得
6.4 寝返り動作時の改善に必要な評価とプログラム立案・フィードバックの実践
6.5 他のADL動作に応用していくコツ

※ 必ずBasic、Assessmentコースの資料をご持参ください。※ 3か月で全ての講座を受講していただきます。

※ 日程の都合がつかない場合は振替の受講もできます。

*進行状況によりお伝えする内容は変更になる場合がございます。何卒ご理解ください。


【受講者特典】


【日程】

平成30年度の日程

1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目
第1期 1月27、28日 2月24、25日 3月24、25日
第2期 7月28、29日 8月25、26日 9月22、23日

 


【会場】

ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー

233-0002  横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内

詳細はコチラ>>>アクセス


【持ち物】

・ヨガマット (バスタオルで代用可)

・バスタオル1枚


【受講料】

1日のみ 

15,000円 (税込) 

別途テキスト代 5,980円 (税込)

3か月6日間全てお申込みで 
102,000円 → 79,800円(テキスト代含む)税込

*お支払いは銀行振り込みまたはPay Palによるクレジットカードをご利用いただくことができます。

キャンセルポリシーについて


【定員】

※ 先着24名限定

講師が一人ひとり触診部位を確認し、修得することを第一とするため少人数にさせていただきます。

>>>お申込み<<<

【講師】

吉田 頌平(よしだ こうへい)

療法士活性化委員会 モーションアナライシス講座 講師
職種:作業療法士
IBW(Integrated Body Work:統合的ボディーワーク) 認定インストラクター
睡眠改善インストラクター

経歴:日本のOT資格取得後にカナダへ渡り現地のクリニックで約1年間働いた後に、急性期〜回復期を有する整形外科病院へ入職。入職後より、慣れないベッドサイドやプラットフォームでのリハビリと、長時間のデスクワークにより右腰背部に慢性的な痛みを抱えるようになる。ある日、先輩の伝達講習会で自身の身体の動かし方を変えるだけで劇的に右腰背部の疼痛が改善されたことをきっかけに、自身の身体の動きと向き合うようになる。
現在は、自身の体験を生かし、整形外科と美容外科のクリニックにて患者様自身に変化を感じていただけるよう、実践・体験を重視したリハビリテーションを提供している。また、持ち前の行動力と英語力を生かして、臨床現場の国際化を目指しつつ療法士の

新しい働き方を提案していく活動を行なっている。