ICFを臨床で使うことについて from リハコヤ

ICFを臨床で使うことについて from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

装具を理解する上で前提として必要となるのがICF

装具ってそもそもなんのためにあるのかというと、その人の生活の中で足りない部分を補うためにあります。だからこそ生活の場面で使えるんです。

老健に勤めていた時に多かったこと

回復期で装具をリハビリのために作成したと思った利用者さんが多くいました。回復期の装具は生活のためではなく、リハビリのために作成したと思っている方がいました。

実際にあった装具を作っていなかった方でなぜ作らなかったかというと、「歩けないから装具を作らなかった」とおっしゃっていました。

装具って本当に歩くためのものなのでしょうか?

生活の中で使える装具を意識してもらいたい、そのために必要になるのがICFです。

 

実際にICFを書いてみる

健康状態、心身機能・精神機能、活動、参加、環境因子、個人因子を書いてみてください。そして書いてみてから自分がどの部分に偏っているのかを確認してみてください。

ICFはネガティブとポジティブに分ける

他職種と話す時、ICFをベースに話してもらいたい、医療職にいる方はできないことを中心に見る傾向があります。でもリハビリとはできることを増やすことが目的です。

なのでICFでできるところとできないところをしっかりと見極めてできるところはそれを生かし、できないところは何を補助すればできるようになるのかを考えるようにしてみましょう。

まとめ

ICFを臨床で使うには?

  1. リハビリのためではなく生活のためにリハビリをするために必要
  2. 多角的な視点を客観的に視覚化できる
  3. 手ポジティブ要素にも目を向けられる

ICFはリハビリを提供する上で非常に基本となる部分です。ぜひ活用してみてください。

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2023.2.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】
2023.2.19(日)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2023.3.18(土)【苦手な方限定】評価・アプローチのための触診セミナー基礎 【体幹編】
2023.3.19(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【起居動作・移動動作・食事操作編】
2023.4.16(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【食事操作・上衣訓練編】
2023.4.16(日)【初学者向け】脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2023.5.21(日)【OT限定】OTによるOTのための歩行分析セミナー
【迷ったらこれ!】2023年 1/14,15 2/4,5 3/4,5(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】(土日) 2023年 4月1,2日 5月6,7日 6月3,4日(土日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り10名

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2023年 1/11,15 2/1,5 3/1,5 (水日)【触診が苦手な方限定】第25期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2023年 3/29,4/2 4/26,5/7 5/31,6/4(水日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り4名

オンラインコンテンツ

2023.2.17(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ