第55回理学療法士国家試験 午前 第61問

第55回理学療法士国家試験 午前 第61問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 

副腎髄質から分泌されるホルモンはどれか。2つ選べ。

  1. アドレナリン
  2. アルドステロン
  3. アンドロゲン
  4. コルチゾール
  5. ノルアドレナリン

 

解答

1,5

 

解説

副腎から分泌されるホルモンは以下の通りです。

腎臓ホルモン

なので解答は1,5になります。

これを臨床で活かすには?

ホルモンは臨床上はイメージがしにくいものですが、ホルモンが作用することで体の恒常性が維持されています。ということはホルモンが正常に分泌されていないと、体をもとに戻す作用がうまく働かないため、リハビリの阻害因子になりえます。例えば副腎髄質ホルモンの分泌のきっかけはストレスです。リハビリで不必要な痛みを与えたり、不適切な態度をによって対象者がストレスを感じると血圧の上昇や心拍数の増加を誘発してしまいます。そうならないためにもホルモンを理解して効率的にリハビリが進められるように意識してみましょう。

リハコヤではリアルタイムで国家試験の解説をみんなで考えています。
悩める療法士のためのオンラインコミュニティリハコヤ
詳しくはこちら>>>リハコヤ

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ