生活で使える肩関節の動きについて from リハコヤ

生活で使える肩関節の動きについて from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

自動運動で肩が上がらない

プラットフォーム上では肩関節が挙上できるのに、坐位や立位になると肩関節が挙上できない。こういった現象がよくみられると思います。臥位で上がるのでそもそも肩関節の機能的には挙がるはずだけど、Activeで動かせないのはなぜか?この場合、筋力の問題と考えてしまいがちなんですが実は筋力だけではありません。

リハビリの流れ

リハビリの流れは

  1. 動きやすい状態にする
  2. 意識的に動かす
  3. 無意識で使える

でした。

では動きやすい状態にしているのに肩が挙がらないのはなぜか?それは正しい運動を忘れているからです。肩に痛みや動きに制限がある状態では運動学的に正常な動きではない状態で肩関節を挙上しています。正常でない状態が続くとその動きを学習してしまいます。

これが動きやすい状態になっているのにActiveで方が挙がらない状態です。

ROMexをしてみる

Activeで動かない場合、正常な運動を意識的に動かしてみましょう。その方法がROMexです。まずは自動介助運動で正常な運動を誘導して行います。そして徐々に介助量を減らして自動運動に移行していきましょう。

意識的に動かすだけでは生活で使えない

正常な動きを意識的にできるようになったら今度は無意識で使えるようになる必要があります。そこで登場するのが作業療法の目的動作の考え方です。

例えば

肩を挙げる

という動作の場合、目的は「肩を挙げる」が目的になり、意識的に肩を上げている状態です。

これを

「ボールを投げる」

という動作にしてみると、目的は「ボールを投げること」、「肩を挙げる」はそのために手段となり、無意識で使えるような状態になります。

このように生活で使える機能にするには目的動作を行ってみましょう。

まとめ

生活で使える肩関節の動きにについて

  1. 動きやすい状態にする!
  2. 意識的に動かすためにROMexをする!
  3. 生活で使えるようにするために目的動作に落とし込む!

純粋な機能だけでなく、生活に繋がるようにリハビリの流れを意識してみましょう。

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ