第55回理学療法士国家試験 午前 第73問

第55回理学療法士国家試験 午前 第73問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 

努力吸気時に働く筋はどれか。

  1. 腹横筋
  2. 腹直筋
  3. 外腹斜筋
  4. 内腹斜筋
  5. 胸鎖乳突筋

 

解答

5

 

解説

安静時呼吸

吸気:横隔膜、外肋間筋

呼気:筋の収縮なし

 

深呼吸

吸気:横隔膜、外肋間筋

呼気:筋の収縮なし

 

努力呼吸

吸気:横隔膜、外肋間筋、斜角筋、胸鎖乳突筋、肋骨挙筋、脊柱起立筋群、大胸筋、小胸筋、肩甲挙筋、僧帽筋、萎形筋、前鋸筋

呼気:内肋間筋、腹筋(腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋)、下後鋸筋、広背筋、腰方形筋

 

なので、問題文にある作用と照らし合わせると3が解答となります。

 

これを臨床で活かすには?

基本的に安静時呼吸では横隔膜と外肋間筋以外は収縮しません。安静時に呼吸補助筋が働いている場合は何かしらの要因で呼吸に制限が出ていると考えられます。呼吸は24時間常に止まることはないので呼吸に制限があると通常以上にエネルギーが必要になります。リハビリを受けている方はただでさえ体の回復にエネルギーが必要な状態ですので呼吸器疾患と診断されていなくても呼吸状態は評価しておきましょう。

呼吸に制限が出る要因としては

  • ポジショニング
  • 頸椎・胸椎・腰椎・胸郭の可動域制限
  • 横隔膜、外肋間筋の機能不全

などが考えられます。

それぞれ評価して呼吸機能の改善を図りましょう。

リハコヤではリアルタイムで国家試験の解説をみんなで考えています。
悩める療法士のためのオンラインコミュニティリハコヤ
詳しくはこちら>>>リハコヤ

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ