第55回理学療法士国家試験 午前 第64問

第55回理学療法士国家試験 午前 第64問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 

呼吸生理の説明で正しいのはどれか。

  1. 呼吸中枢は視床下部にある。
  2. 外肋間筋は安静呼吸の呼気筋として作用する。
  3. 内呼吸とは肺胞と毛細血管との間のガス交換をいう。
  4. 動脈血二酸化炭素分圧が上昇するとヘモグロビンから酸素が解離しやすくなる。
  5. 頸動脈小体は動脈血酸素分圧よりも動脈血二酸化炭素分圧の変化を感知しやすい。

解答

4

 

解説

外呼吸:肺で行われる酸素と二酸化炭素のガス交換

内呼吸:血液と細胞とのガス交換

吸気:横隔膜と外肋間筋の収縮

呼気:横隔膜と外肋間筋の弛緩、肺の弾性収縮力、内肋間筋の収縮(運動時など)

 

呼吸の神経的調節

呼吸中枢

延髄:吸息中枢と呼息中枢

橋:呼吸のリズム中枢

 

呼吸神経

横隔神経:横隔膜の収縮と弛緩

肋間神経:肋間筋の収縮と弛緩

 

自律神経

交感神経:換気促進、気管平滑筋を弛緩

副交感神経:粘液分泌、換気低下、気管平滑筋収縮

 

化学受容器

中枢:延髄→CO2の増加を感知

末梢:頚動脈小体(舌咽神経)、大動脈小体(迷走神経)→O2の減少を感知

 

これを問題文に当てはめると

呼吸中枢は視床下部にある。
→延髄

外肋間筋は安静呼吸の呼気筋として作用する。
→吸気筋

内呼吸とは肺胞と毛細血管との間のガス交換をいう。
→内呼吸は血管と細胞間のガス交換。問題文は外呼吸

動脈血二酸化炭素分圧が上昇するとヘモグロビンから酸素が解離しやすくなる。
→正解

頸動脈小体は動脈血酸素分圧よりも動脈血二酸化炭素分圧の変化を感知しやすい。
→動脈酸素分圧を感知しやすい

なので解答は4となります。

 

これを臨床で活かすには?

呼吸は行きていく上で必ず必要な行為です。呼吸がうまくできないと細胞に酸素が送り届けられず、二酸化炭素も体の中にたまり、エネルギーを産生できません。エネルギーを産生できなければ組織の修復や筋力の増強もできないため、必ず呼吸状態を評価するようにしましょう。

リハコヤではリアルタイムで国家試験の解説をみんなで考えています。
悩める療法士のためのオンラインコミュニティリハコヤ
詳しくはこちら>>>リハコヤ

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ