第56回理学療法士国家試験 午前 第21問

第56回理学療法士国家試験 午前 第21問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 

理学療法士の守秘義務を規定するのはどれか。

  1. 憲法
  2. 民法
  3. 医師法
  4. 医療法
  5. 理学療法士及び作業療法士法

 

解答

5

 

解説

基本的に理学療法士の資格に関する事柄を記載しているのは理学療法士及び作業療法士法である。

 

理学療法士法第4章第十六条に

理学療法士又は作業療法士は、正当な理由がある場合を除き、その業務上知り得た人の秘密を他に漏らしてはならない。理学療法士又は作業療法士でなくなった後においても、同様とする。

と明記されている。
引用 日本理学療法士会 https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000168998.pdf

 

 

これを臨床で活かすには?

これに違反した場合は

第六章 罰則 第二十一条 第十六条の規定に違反した者は、五十万円以下の罰金に処する。

により罰せられる。

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ