発達について 〜立位〜

こんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

理学療法士大塚久

前回は発達の坐位についてお伝えしました。
>>>発達について 〜坐位〜

今回は立位についてお伝えします。

 

立位について

立位の特徴は以下の通りです。

  • 支持規定面:狭い
  • 重心の位置:高い、大腿、下腿の安定性が必要になる
  • 姿勢:バランスを取るためのフィードバック機構による調節が活性化。フィードバック情報は視覚、前庭・迷路、体性感覚だが、特に乳幼児期は視覚情報を取り入れる。幼児期後半には体性感覚優位になる。

坐位にプラスして、大腿、下腿のコントロールが必要になります。乳幼児期は前庭、体性感覚がまだ未熟なため、視覚情報優位となる。

小児以外でもバランス訓練を行うときは視覚情報→体性感覚情報、前庭情報の順で促通していくと入力されやすい。

 

運動学的側面

 

まとめ

発達について 〜立位〜

  1. 支持規定面が狭く、頭頸部、肩甲帯、体幹、骨盤、大腿、下腿、足部全てのコントロールが必要になる
  2. 頭部と脊柱の共同運動、分離運動が可能になる
  3. つかまり立ちから伝い歩きに発達していく

詳しくはリハコヤでLIVE配信します!!

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ