第56回理学療法士国家試験 午前 第13問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 

歩行パターンを図に示す。 筋力低下を生じている筋はどれか。

  1. 下腿三頭筋
  2. 前脛骨筋
  3. 大殿筋
  4. 中殿筋
  5. 長内転筋

 

解答

3

 

解説

問題文では矢状面の歩行分析を表しているので、矢状面上の動きの作用を持つ筋肉の問題が観察できると考えられる。選択肢が下肢の筋なので下肢の関節運動で考えると

  • 股関節:屈曲/伸展
  • 膝関節:屈曲/伸展
  • 足関節:背屈/底屈

の動きが観察される。選択肢 の作用を考えると

  1. 下腿三頭筋:足関節底屈
  2. 前脛骨筋:足関節背屈
  3. 大殿筋:股関節伸展
  4. 中殿筋:股関節外転
  5. 長内転筋:股関節内転

なのでまず4、5は選択肢から外れる。

 

主に歩行時の筋収縮は等尺性〜遠心性収縮を行っている、

  • 下腿三頭筋は立脚中期〜後期
  • 前脛骨筋は遊脚期〜立脚初期
  • 大殿筋は立脚初期〜中期

に主に活動する。

問題文の歩行を見ると立脚初期から中期にかけて肩甲骨内転、体幹伸展の代償動作がみられる。この時に活動するのは大殿筋なので、解答は3となります。

 

これを臨床で活かすには?

動作分析に限らずどんな評価でも、「この疾患でこの筋が弱っているからこの歩行になるだろう」という先入観を持たずに見るようにしましょう。先入観を持つと動作を見た時に弱い筋肉が使えないであろう動作に見えてきてしまいます。まず何の疾患かとか、どの筋肉が弱そうだとかの先入観を持たずにただ目の前の現象を捉えるようにしましょう。

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.7.17(日)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.8.21(日)
2022.9.18(日)
2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →  キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

 

平日開催

2022.7.13(水)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】
【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ