第56回理学療法士国家試験 午前 第15問

第56回理学療法士国家試験 午前 第15問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 

45歳の女性。3日前、自宅で荷物を持ち上げた際に、腰部と左下腿の後面から足背外側部にかけての強い痛みがあった。安静にしていたが、疼痛が軽快しないため受診し、腰椎椎間板ヘルニアと診断された。最も疑われる病変部位はどれか。

  1. L1/L2
  2. L2/L3
  3. L3/L4
  4. L4/L5
  5. L5/S1

解答

5

 

解説

椎間板ヘルニアとは

椎体の間にある椎間板(線維輪、髄核)の一部が出てきて、神経を圧迫し、腰や殿部の痛み、下肢の痺れ、筋力低下などの症状を起こすものです。脱出してしまった髄核のレベルによって症状の出る部位が異なります。

問題文で考えると

  1. L1/L2:鼠蹊部
  2. L2/L3:大腿前面
  3. L3/L4:膝蓋骨から内果
  4. L4/L5:足背、外果、母趾
  5. L5/S1:下腿後面・足外側部・足底

となるので、5が正解となります。

 

これを臨床で活かすには?

腰部の疾患は神経に必ずしも問題があるとは限りません。診断名と症状が一致しないことが多々あります。なので痛みや痺れだけにとどまらず、筋力、反射の評価も合わせて行うことで、脊髄の問題なのか、神経根の問題なのか、末梢神経の問題なのかを確認することができます。一つの評価で判断せずにさまざまな評価と合わせて解釈するようにしましょう。

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.9.18(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2022.9.18(日)【OT限定】ADL訓練の目的と具体的介入法 【移動・食事編】
2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー
【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

オンラインコンテンツ

2022.8.19(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

 

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ