エネルギーの合成について〜電子伝達系〜

こんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

理学療法士大塚久

 

本日は電子伝達系についてお話ししていきます。

 

 

電子伝達系とは?

 

 

 

解糖系では糖を分解してピルビン酸を作りました。TCA回路では解糖系で作られたピルビン酸を分解してNADH+とFADH2を作りました。そのNADH+とFADH2を使ってATPを作るのが電子伝達系です。

 

電子伝達系は、ミトコンドリア内膜と膜間腔の間で行われます。

電子伝達系は名前の通り電子を伝達するところです。

 

TCA回路で作られたNADH+とFADH2がマトリックスの壁に当たりH+が離れます。離れたH+はミトコンドリア内膜に入るものと、呼吸で取り込んだ酸素と結びつきH2Oを作り出すものがあります。

ミトコンドリア内膜へ行くH+が多くなると、磁石の同極同士が反発し合うようにH+同士が離れるのでH+はマトリックス内に戻ります。

このH+がマトリックス内に戻るときに、膜間腔からマトリックスに向かってH+が流れるとATP合成酵素の軸が回転し、ADPとリン酸からATPを合成します。

 

解糖系では呼吸、糖質、マグネシウムが重要で、TCA回路ではビタミン、タンパク質が重要だとお話ししました。

電子伝達系では、電子が伝達するためには水分が必要になってきます。

 

電子伝達系とTCA回路はミトコンドリアで行われるので、ミトコンドリアが元気な状態でないといけません。

ミトコンドリアが元気な状態とは、血流が良くエネルギー産生ができる状態のことです。よって、基本的なところではありますが、運動・食事・睡眠が大切であるということがわかります。

 

 

まとめ

エネルギーの合成(電子伝達系)について

1. 電子伝達系はTCA回路でつくられたNADH+とFADH2を使ってATPを作ることである。

2. 電子伝達系はミトコンドリア内膜と膜間腔の間でおこなわれる。

3. 電子伝達系は電子を伝達するところであり、そのためには水分が必要である。

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

【迷ったらこれ!】第30期 2024. 4/13,14 5/11,12 6/8,9(土日)【触診が苦手な方限定】第30期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り2名
【迷ったらこれ!】第31期 2024. 7/6,7 8/3,4 9/7,8(土日)【触診が苦手な方限定】第31期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース
【慢性疼痛にはこれ!】2024.4/21 5/19 6/16(日)慢性疼痛に対する痛み・神経の科学的根拠に基づく末梢神経への徒手介入法 ~DNMアプローチ~BASICコース
【ADLで悩んだらこれ!】2024.4/21 5/19 6/16(日)【ADL訓練が苦手な方限定】3ヶ月で学ぶ対象者に合わせた効果的なADL訓練のための考え方・実践BASICコース

平日開催

迷ったらこれ!】第30期 2024. 4/10,14 5/8,12 6/5,9(水日)【触診が苦手な方限定】第30期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り1名
【迷ったらこれ!】第31期 2024. 7/3,7 7/28,8/4 9/4,8(水日)【触診が苦手な方限定】第31期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2024.3.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ