【 触診の苦手意識が減った気がします。明日からの臨床に活かしてより自信をつけたいです 】

【 触診の苦手意識が減った気がします。明日からの臨床に活かしてより自信をつけたいです 】
T.K様 女性 PT
の感想です

療法士として触診は基本の「き」です
でもなぜか苦手な方が多いです
そして触診が苦手なことが自信のなさにつながります

療法士活性あ委員会ではまず触り方をしっかり学びます
そのうえで骨・筋の触診を学びます
骨や筋が触れるようになったらそこへのアプローチ

関節モビライゼーションや
筋膜リリースを学び変化を体感します

自分が触っている部位
使っている手技
それによっておこる変化

が明確になるので自然と自身がついて
日々の臨床が楽しくなります

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です