第55回理学療法士国家試験 午前 第20問 解説!!

第55回理学療法士国家試験 午前 第20問 解説!!

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

第55回理学療法士国家試験 午前 第20問

問  85 歳の女性。自宅仏壇のろうそくの火が右袖に引火し、右前腕から前胸部およ び顔面にIII度5%とII度15%の熱傷および気道熱傷を受傷した。受傷翌日に前胸部から右前腕前面にかけて植皮術を実施した。

術後早期から開始する理学療法として正しいのはどれか。

  1. squeezing による排痰を実施する。
  2. 前腕は最大回内位に保持する。
  3. 肩関節は外転位に保持する。
  4. 筋力増強運動は禁止する。
  5. 起立歩行は禁止する。

 

解答

3

解説

熱傷の重症度

熱傷の重症度

熱傷に対する一般的な理学療法は

  • スプリントの使用などによる良肢位保持
  • 関節可動域訓練
  • 筋力強化訓練
  • 早期離床を目的とした基本動作の獲得や日常生活活動の向上

です。

問題文の方は前胸部から右前腕前面にかけて植皮術を行っているため、前腕の回外、肩関節の外転に可動域制限が起こると考えられます。

そこで解答をみてみると

  1. これは胸部に触る必要があるので植皮術を行った直後のリハビリとしては不適切
  2. 回外に制限が出ると考えられるので回内位では関節拘縮を助長してしまうので不適切
  3. 外転制限が出ると考えられるので外転位保持は正解
  4. 受傷部の筋力増強運動は急性期は禁忌ですが受傷部以外は問題ないので不適切
  5. 起立、歩行による早期離床や廃用予防は正しいので不適切

となり、解答は3となります。

これを臨床で活かすには?

熱傷は体の防衛組織である皮膚が損傷します。なのでまず第一に感染症のリスクが高まります。また、熱傷での大きな問題として挙げられるのが整容面の問題です。瘢痕化した皮膚はどうしても見た目が今までとは変わってしまいます。機能面の問題点だけではなく、精神面、環境面のサポートも重要となります。療法士だけでなく、家族や他の医療スタッフと連携をとって進めていきましょう。

また皮膚の可動性の低下は関節の動きの大きな制限因子の一つとなります。ROMというと関節自体や筋肉の伸張性ばかりに目が行きがちですが、皮膚の伸長性も考慮してみてください。

リハコヤではリアルタイムで国家試験の解説をみんなで考えています。
悩める療法士のためのオンラインコミュニティリハコヤ
詳しくはこちら>>>リハコヤ

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
2022.6.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.6.19(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2022.4.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ