第55回理学療法士国家試験 午前 第65問

第55回理学療法士国家試験 午前 第65問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 

血液凝固因子はどれか。2つ選べ.

  1. アルブミン
  2. トロンビン
  3. ヘモグロビン
  4. フィブリノゲン
  5. エリスロポエチン

 

解答

2,4

 

解説

  • アルブミン:肝臓で合成される血中のタンパク質。血液の浸透圧の調整、物質と結合し、目的の場所へ運搬する
  • トロンビン:タンパク分解酵素の一つで血液凝固作用を持つ
  • ヘモグロビン:赤血球に含まれる赤色素たんぱく質。鉄(ヘム)とたんぱく質(グロビン)が結びついたもの。酸素と二酸化炭素を運搬する
  • フィブリノゲン:肝細胞で産生される、血液凝固因子の一つ。
  • エリスロポエチン:腎臓の尿細管間質細胞で産生される赤血球の産生を促進する造血因子の一つ 

 

なので解答は2、4となります。

 

これを臨床で活かすには?

血液やホルモンの状態って外から見た目ではわからないことが多いですが、体を制御するのに重要な役割を担っています。例えばアルブミンが低下している場合、筋力強化をしていても、必要な筋肉にタンパク質を運搬することができないため、筋力増強できません。動作や関節の可動域、筋力だけでなく、血液データや自律神経も適切に評価し、臨床に生かしていきましょう。

 

リハコヤではリアルタイムで国家試験の解説をみんなで考えています。
悩める療法士のためのオンラインコミュニティリハコヤ
詳しくはこちら>>>リハコヤ

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ