筋力訓練前に必要な準備について from リハコヤ

筋力訓練前に必要な準備について from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

みなさんは自分の行っている筋力訓練が効率的にできているか悩んだことがありますか?私はかなり悩んだ経験があります。そこで今回は筋力訓練を効率的に行うための準備についてお伝えします。

 

生理学的に考えてみる

筋肉が収縮するときは

脳から指令が出て

活動電位が発生し

ナトリウムチャンネルが開きN+が放出される

カリウムチャンネルが開きK+が放出される

活動電位が収まる

 

この活動電位が筋小胞膜に伝わり、Ca++がトロポミンと結合し、アクチンとミオシンが滑走し、筋収縮が起きます。

 

なのでまず筋力訓練を行う前に血液データでナトリウム、カリウム、カルシウムの値を確認しましょう。

また大切な基準としてアルブミンの値も確認しましょう。ただし、アルブミンは変化しやすい値なため、体重や周径、経過をみて総合的に判断しましょう。

 

筋の状態はどうか?

筋肉は筋膜に包まれています。この筋繊維と膜組織の間に結合組織が存在します。この結合組織の滑走性が低下すると筋収縮を起こしにくくなります。なので筋力訓練を行う前に、筋膜リリースなどで滑走性を出す必要があります。

 

まとめ

筋力訓練前に必要な準備について 

  1. ナトリウム、カリウム、カルシウムを確認する
  2. 筋の滑走性を出して動きやすい状態にする
  3. 生理学的、解剖学的に動きやすい状態にしてから筋力訓練を行う

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.9.18(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2022.9.18(日)【OT限定】ADL訓練の目的と具体的介入法 【移動・食事編】
2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー
【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

オンラインコンテンツ

2022.8.19(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

 

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ