反射について 〜原始反射〜

反射について 〜原始反射〜

こんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

理学療法士大塚久

前回は反射の基本についてお伝えしました。
>>>

今回は原始反射についてお伝えしていきます。

 

原始反射とは

特定の刺激に対して起こる反射行動。生存や発達のために必要。反射の出現→発達→統合され、また次の段階の反射が現れる。中枢神経系が発達してくると、抑制されてくる。(消失ではない)

主な原始反射として以下のものがあります。

どの反射も必要な役割があり、胎児期から生後36ヶ月までその期間もさまざまです。

これはその反射で獲得する運動の発達の種類によって分けられます。

動きの発達

動きの発達は

  • 脊椎運動:脊柱の屈曲/進展
  • 相同運動:両側の上肢、両側の下肢が同じ動きをする運動
  • 同側運動:同側の上下肢が動く運動
  • 対側運動:対側の上下肢が動く運動

の順に発達してきます。

これらの運動を順に獲得していくことで反射が統合されていきます。

まとめ

反射について 〜原始反射〜

  1. 特定の刺激に対して起こる反射行動
  2. 中枢神経の発達と共に統合される
  3. 脊椎運動、相同運動、同側運動、対側運動の順に獲得していく

詳しくはリハコヤでLIVE配信します!!

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.9.18(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2022.9.18(日)【OT限定】ADL訓練の目的と具体的介入法 【移動・食事編】
2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー
【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

オンラインコンテンツ

2022.8.19(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

 

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ