シーティングについて from リハコヤ

シーティングについて from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

 

私は老健に勤めていたので、個別でリハビリとして関われる時間が多くても週1回1単位20分程度しかありません。なのでリハビリの時間以外をどう有効に利用するかを考えていました。そこで着目したのがシーティングです。

 

シーティングとは

椅子・車椅子を利用する人を対象に座位に関する評価を行うこと。

とあります。今回は車椅子に対する対応をお伝えします。

 

車椅子のシーティングの評価のポイント

姿勢

  • 脊柱の可動性
    筋性or骨性
  • 骨盤のコントロール

 

座位保持

座位保持時間(耐久性)
→保持が難しければティルトタイプまたはリクライニングタイプ

股関節の可動域

座位姿勢は股関節屈曲位となります。股関節の可動域を測定するようにしましょう。

また座位姿勢では両側の股関節の屈曲が必要です。可動域の測定も両側同時に行いましょう。

 

まとめ

シーティングについて from リハコヤ

  1. 姿勢を確認する
  2. 座位保持の耐久性を確認する
  3. 股関節の可動性を両側同時に確認する

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
2022.6.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.6.19(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2022.4.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ