『座位姿勢の分類知ってます?』

みなさまこんにちは、
Assessmentコースの講師の加藤です。

座位姿勢についてですが前回のコラムでは
作業座位と安静座位を分けて考えていますか?
と皆さんにお伝えしましたね。

では本日は安静座位についてお伝えしていきましょう!
その前に、
なぜ作業療法士・理学療法士・言語聴覚士は座位姿勢についてここまで考える必要があるのか?
それは、ある研究では高齢者の座位時間は1日14時間であると、言っています!
つまり、座位姿勢は生活に直結している!と数字上からも言えますね!

皆さん座位姿勢見られるようになりましょう!

さて、本題の安静座位ですが、
簡単に言うと背もたれに寄りかかり、肘掛に前腕を置きリラックスした状態です。
よく『太ももの上に手を置いて、背もたれから背中を話して膝と股関節は90°』にしましょう!と指導してしまいますが、
その姿勢を14時間は絶対にとれません。


この姿勢は何か作業をする時に必要は座位姿勢であり、リラックスする時には背もたれに寄りかかり、肘掛に前腕を置いた方が楽ですし、その方が座位を保ちやすくなります。
リラックスしていれば筋緊張も過剰にならずに、変な拘縮なども作らずに済みますし、動作も楽に移行できますよね?
触診,骨盤,療法士活性化委員会
どうでしょう?安静座位について考える重要性が伝わったでしょうか?
しかし、座位姿勢はまだまだ奥深いです。
実はこの安静座位と作業座位では共通した項目があるのです。
次回はその共通した項目についてお話ししていきますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたも
当たり前のことが当たり前にできるようになり
一緒に信頼される療法士になりませんか?
療法士活性化委員会
認定講師
作業療法士 加藤 淳

追伸
あなたにとっての“評価”とは何かを教えてください。

アンケートの回答はこちら>>>あなたにとって“評価”ってなんですか?

アンケートにご回答いただき、Facebookページにご参加いただくと関節モビライゼーション・筋膜リリース・セルフケア」の動画を無料でご視聴いただけます。

 

***********************************************************************

【 なぜこのアンケートを行うか? 】

実習の頃から

「評価ちゃんとできてる?」

「それ評価したの?」

と言われ続けていました。

 

そしてバイザーになってからも

「それ評価したの?」

「評価できてないね」

と実習生に言っていました。

 

でも「評価しました!」と報告すると

「それじゃないんだよな〜」

 

実習生から

「評価しました!」と報告を受けると

「そこじゃなくてさー」

と感じたことありませんか?

 

皆さんも同じ経験があるのではないでしょうか?

そもそも

「評価」

の定義がそれぞれ違うからなのでは?

 

と感じまずは皆さんの「評価」の定義を確認してみよう!

と思いこのアンケートを実施しました。

 

このアンケートを実施することにより

不必要な「そこじゃないんだよな〜」というディスカッションから

「患者様のために何ができるか?」というディスカッションにするためご協力いただけると幸いです。

 

アンケート結果は後日集計して公開いたします。

患者様、利用者様、そして療法士の笑顔の為にご協力ください!

*****************************************************************

 

療法士活性化委員会では
療法士に土台と自信を提供し
一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、
笑顔になることを目的に講習会を行っています。

”人生をデザインする”
療法士活性化委員会

発行責任者
大塚 久
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡3−27−6大牧マンション301
TEL:080-5987-7441
mail:its-info■■lts-seminar.jp(■■を@に変換してください)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です