認知症を持つ方とのコミュニケーションについて from リハコヤ

認知症を持つ方とのコミュニケーションについて from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

今日のテーマは認知症の方とのコミュニケーションについてです。世の中の認知症に対する考え方が偏っていることがありましたので今回は認知症についてお伝えいたします。

その人の状態を把握しておく

  • 短期記憶、長期記憶はどうか?
  • 家族のことは把握できているのか?
  • 自分はどの時代とどの場所を生きているのか?

などを確認しておきましょう。

認知症の方は日時や場所が現在のものと違うことがあります。例えば現在のいる場所が幼少期の実家と認識している方もいます。その場合はその人の幼少期の時代背景、実家の場所などを把握しているとコミュニケーションがとりやすくなります。

 

ルーティーンを確認する

その方が普段行っているルーティーンを確認しましょう。

  • 朝起きたらこれをしている
  • トイレはこの時間に行っている
  • お風呂はこの時間だと拒否がない
  • などその方がこだわっていることや今まで継続していたことを確認してみましょう。例えばその方が決めてやっている時間にリハビリをやろうとしても拒否されることがあります。相手がどう生活しているのかを確認してみましょう。

 

何を大切にしているのか?

現在までの役割を確認してみましょう。それによって現在の役割なども変わってきます。今までどんな人生を生きてきてどんな役割があったのかを確認してみましょう。

 

何を嫌がっているか?

快・不快の感情は最後まで残ります。そして特に人間は不快なことを避けるようにできています。なのでその方が何に対して不快に思うのか?嫌がるかを確認してみましょう。嫌がることをやらないだけでも落ち着いて生活できるようになります。嫌がることは人によってkとなりますので確認してみましょう。

 

まとめ

認知症を持つ方とのコミュニケーションについて

  1. いつの時代を生きているのかを把握する
  2. いつもやっていることを確認する
  3. 嫌がることを確認する

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.1.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.2.19(土)【苦手な方限定】変形性膝関節症に対する評価とアプローチ法
2022.3.19(土)評価・アプローチのための触診基礎【体幹編】
2022.3.20(日)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)【苦手な方限定】歩行分析セミナー

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー


【迷ったらこれ!】2022年 1/8,9 2/5,6 3/5,6(土日) 【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース
【迷ったらこれ!】2022年 4/2.3日 5/7,8日 6/4,5(土日)

 

平日開催

2022.1.26(水)評価・アプローチのための触診基礎【体幹編】

2022.2.26(水)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー

【迷ったらこれ!】2022年 1/5,9 2/2,6 3/2,6(水日) 【触診が苦手な方限定】第19期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース
【迷ったらこれ!】2022年 3/29.4/3 5/3,8 5/31.6/15(火日)触診が苦手な方限定】第19期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

オンラインコンテンツ

2022.1.21(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

 

動画コンテンツ30%offで販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ