発達課題と麻痺の回復について from リハコヤ

発達課題と麻痺の回復について from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

発達課題と麻痺の回復について

麻痺の回復と発達課題ってほぼ一緒なんです。なので発達段階に合わせてリハビリを行うことで効率的に行えます。ただ、発達課題を勉強したけど臨床に結びつかないってこともあると思います。今回は発達を臨床につなげるヒントをお伝えしていきます。

 

課題が次の課題につながる

発達段階を

  • 1ヶ月目
  • 2ヶ月目
  • 3ヶ月目

と学んでいったと思います。この段階は1ヶ月目の課題が2ヶ月目で必要になります。この前の段階の課題をできないまま次の段階に進むと代償動作が出るようになります。
この段階ごとの課題を獲得してから次の段階へ進むのが大前提となります。

なので3ヶ月目の課題ができなかったら2ヶ月目に段階を落として見ていくようにします。

各段階での要素を考えてみる

ここで大事なポイントが各段階で必要な要素を考えているようにしましょう。

例えば、on elbowを取るとしましょう。
on elbowを取れるようになるのは発達段階でいると3ヶ月目です。このon elbowを取れるようになるには体幹の筋緊張が上がっていることが必ず必要になります。そうなると2ヶ月目の対称性のキッキングが必要になります。この対象性のキッキングは連合反応を使って下肢を動かすことにより、体幹の筋緊張を上げています。

この連合反応を使って緊張を上げるのは麻痺の回復段階と同じです。麻痺の回復段階でもステージⅠの弛緩状態からステージⅡになるには連合反応で促通されていきます。

つまり、各段階の課題がわかったら、その課題に必要な要素を考えるようにしてみましょう。

まとめ

発達課題を臨床で活かすには?

  1. 発達段階の課題をあげてみる
  2. 課題に必要な要素をあげてみる
  3. 必要な要素を獲得する動きを使ってアプローチする

発達段階は寝たきりの状態からⅠ年で歩き始めるまでの段階です。この段階を理解することで脳卒中だけでなく、整形疾患にも生かせるのでぜひ勉強してみてください。

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
2022.6.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.6.19(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2022.4.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ