膝関節疾患に対する評価とアプローチ ~軟部組織編~

みなさん、こんにちは!
整形外科クリニック勤務、理学療法士の林です。

みなさんは臨床で膝関節疾患の患者さん、利用者さんは担当しますか?
私は以前は回復期病院に勤め、現在は整形外科クリニックに勤務していますので、
担当することがとても多いです。

臨床をする中で感じる疑問は
・「どんなアプローチをすればいいのだろう」
・「評価って何をすればいいのだろうか」
・「リスク管理はどうするの?」
そんな事を悩むと思います。

正直たくさんの意見、文献、研修会があって混乱しますよね?
私も色々と勉強してきましたが考える事が多すぎて嫌になってしまうことがあります。

そこで今回は「膝関節疾患に対する軟部組織」への介入方法をご紹介していきたいと思います。
一緒に勉強していって患者さん、利用者さんを少しでも笑顔にしていきましょう!

【目次】
1、アプローチの考え方
2、アプローチの方法
3、まとめ

1、アプローチの考え方

膝関節疾患では
非荷重時と荷重時で注目するポイントが異なります。

非荷重時ではまず、
大腿四頭筋、ハムストリングス、膝窩筋の筋力が必要となってきます。
筋力が動かなければ膝関節は屈曲や伸展の運動ができなくなってしまいます。

次に荷重時では
殿筋(中、大、外旋6筋)、前脛骨筋、後脛骨筋、腓骨筋の筋力が必要となってきます。
理由は運動学的に生じる「Screw Home Movement」が阻害されてしまうからです。
荷重時に殿筋(中、大、外旋6筋)の筋力を発揮するには前提として、体幹の筋力)(大腰筋)が機能している必要があります。

2、アプローチの方法

今回は2つの筋へのアプローチ方法をご紹介します。

「膝窩筋」

目的:膝窩筋の伸張性を改善
理由:膝窩筋の作用は膝関節屈曲と内旋であるため、
伸張性が低下していると「Screw Home Movement」が阻害されてしまうため
方法:
①膝関節を軽度屈曲位
②膝窩筋を触診
③深呼吸を3~5回
注意:拍動を感じた時は動脈を押している可能性があるので避ける

「大腰筋」

目的:大腰筋の伸張性を改善
理由:大腰筋は股関節の屈筋であるため、
伸張性が低下していると殿筋群の筋出力が低下してしまうため
方法:
①股関節屈曲位
②大腰筋を触診
③深呼吸を3~5回
注意:婦人科系疾患や腹部のOpe直後は禁忌

3、まとめ

  1. 非荷重時、荷重時を分けて考える
  2. 非荷重時は大腿四頭筋、ハムストリングスや膝窩筋、荷重時は殿筋と足部筋をみてみる
  3. 適切なアプローチを選択する

実際に実践するのは難しいかと思いますが、
明日から1つでも行うことで患者さん、利用者さんの笑顔を引き出していきましょう!

一緒に勉強していきたいなと思う療法士はこちらでお待ちしております。
「1単位で変化を出す 膝関節疾患に対する評価とアプローチ」

療法士活性化委員会
認定インストラクター
林凌磨

他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ     →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう