膵臓について勉強してみた

膵臓について勉強してみた

こんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

理学療法士大塚久

前回は糖尿病のについてお伝えしていきました。今回は膵臓についてお伝えしていきます。

 

膵臓とは

膵臓は胃の後ろみぞおちから左上腹部にかけて走行しています。膵頭部、膵体部、膵尾部に別れ、膵頭部は十二指腸に接し、膵尾部は脾臓に接しています。おおよそL1/2の高さで後腹膜に付着しています。

交感神経節で見ると

TH5〜TH9→大内蔵神経→腹腔神経節→膵臓

となります。

副交感神経は迷走神経によって支配されています。

膵臓の役割

外分泌

膵液の分泌(アルカリ性、pH8.0 1000ml/日)

酵素

  • 炭水化物:膵アミラーゼ
  • 脂質:リパーゼ
  • タンパク質:トリプシノーゲン、キモトリプシノーゲン

消化管ホルモンの分泌によって膵液の分泌を調整している。

セクレチン、コレシストキニン

 

内分泌

α細胞:グルカゴン(血糖値を上げる、細胞での糖利用の促進)

β細胞:インスリン(血糖値を下げる、肝グリコーゲンを分解)

δ細胞:ソマトスタチン(グルカゴン、インスリンの分泌抑制)

 

運動器との関連性

1、関連痛

内臓痛を伝える感覚神経と皮膚の痛覚を支配する感覚神経が同じ高さの脊髄後角に入り、共通の脊髄視床路の神経に接続する。その結果、大脳皮質の体性感覚野が内臓痛を皮膚痛と誤認することを関連痛という。

心筋梗塞:左胸部、左上腕、左前腕内側、左小指側

膵炎 腰痛

Henry Head On disturbances of sensation with especial reference to pain of visceral disease Brain, 16(1893), L-133

 

2、脊柱の可動性

膵臓は腹膜後器官 → 内臓自体の可動性は少ない → 膵臓が炎症を起こしているとその高さの脊柱の可動性が低下する可能性がある

 

3、エネルギー

膵臓の機能低下でインスリンが分泌されないと細胞に糖を取り込むことができない → 筋肉を動かすエネルギーが枯渇する

 

まとめ

膵臓について勉強してみた

  1. L1/2の高さにある腹膜後臓器
  2. 外分泌と内分泌の役割がある
  3. 運動器とは関連痛、脊柱の可動性、エネルギー消費に関わる

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
2022.6.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.6.19(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2022.4.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ