関節可動域制限について 〜皮膚編〜

関節可動域制限について 〜皮膚編〜

こんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

理学療法士大塚久

前回は関節可動域制限について

  1. 骨性:骨の変形によるもの
  2. 皮膚性:皮膚の変性によるもの
  3. 神経性:筋スパズムや弛緩性麻痺など神経由来の問題
  4. 結合組織性:その他の結合組織性の問題

に分けて評価とおっけをしましょうとお伝えしました。
>>>関節可動域制限について

今回は皮膚についてお伝えしていきます。

 

皮膚の役割

皮膚は外から生体を保護している人体最大の臓器。

沖田 実(2008)  関節可動域制限 病態の理解と治療の考え方 第2版 pp22 三輪書店

 

とあります。

皮膚は

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

の3層からなり、それぞれ

  • 表皮:上皮組織
    免疫機能(ランゲルハンス細胞)、触覚(メルケル細胞)、メラニン色素(メラノサイト)
  • 真皮:結合組織と皮膚付属器
    弾力と物質的な強度を担当。皮膚と内部構造の密着といった力学的役割を担っている。間質はコラーゲン繊維(膠原)、エラスチン繊維(弾性)、ヒアルロン酸、コンドロイチン酸(水分保持)。毛細血管とまっ筋収縮神経繊維が網状に分布している。
  • 皮下組織:脂肪細胞

の役割があります。

 

皮膚の血管と神経

血管

真皮浅層、真皮深層、皮下組織深層に皮膚めんと平行に展開、垂直に走る血管により連結されている。

→圧迫しても血流が遮断されにくい構造。さらに破壊もされにくい。

 

神経

  • 自律神経→真皮の汗腺、皮脂腺、血管などに接続
  • 感覚神経

・有髄神経(主にAβ繊維)

真皮:触刺激、圧刺激→マイスナー小体、パチニ小体、ルフィニ小体

表皮:圧刺激→メルケル細胞、触刺激→毛根

・細い有髄神経(Aδ繊維)、無髄繊維(C繊維)

侵害刺激、熱刺激、冷刺激→自由神経終末

 

皮膚は様々な刺激を受容するようにできています。

 

皮膚の評価

  1. 滑走性:運動方向、運動方向と平行
  2. 伸張側:たるみがあるか
  3. 短縮側:溝があるか

の3つを評価します。

まず滑走性があるのは大前提ですが、2、3のたるみと、溝も可動域には重要です。併せて評価をしてみましょう。

介入方法はリハコヤでライブ配信します!!
>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

まとめ

関節可動域制限について 〜皮膚編〜

  1. 皮膚は表皮・真皮・皮下組織からなる
  2. 血管や感覚神経が豊富
  3. 滑走性、たるみ、溝を評価する

詳しくはリハコヤでLIVE配信します!!

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.7.17(日)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.8.21(日)
2022.9.18(日)
2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →  キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

 

平日開催

2022.7.13(水)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】
【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ