認知症をお持ちの方への介入from リハコヤ

認知症をお持ちの方への介入from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

 

今回は、認知症をお持ちの方への介入についてお話します。

 

 

オキシトシンとアルツハイマー型認知症について

 

本日ご紹介する文献はこちらです。

 

https://research-er.jp/articles/view/90318

 

この研究は、オキシトシンがアルツハイマー型認知症に関連する神経活性の障害を改善するというもので、オキシトシンを分泌させた状態でアミロイドベータがどのような状態になったのかを測った研究です。

 

この研究の中では、『オキシトシンがアルツハイマー病の認知機能に関与しており、その分子メカニズムには、オキシトシン受容体、シナプスの可逆性に重要な役割を担うERK活性化およびCa2+透過性AMPA受容体が関与していることが示唆された』、と記載されています。

これは、オキシトシンを分泌させることによってアミロイドメータの生成が抑えられたということです。アミロイドベータは私たちにも生成されているものですが、それが蓄積されてしまうと、それが老人斑となり神経細胞を破壊し脳が萎縮してしまいます。

 

オキシトシンが分泌するためには、心地よい刺激が良いとされています。これをグルーミングと言います。

好きな人と一緒にいたり手を繋いだりするだけでもオキシトシンは分泌されます。なので、療法士は、認知症をお持ちの方との信頼関係を築き、その方が楽しいと思う活動を提供することが認知面へのアプローチになります。

 

 

このように、普段から文献を読む習慣をつけていると、根拠を持ってリハビリを提供することができ、それが自信にも繋がってきます。一日一つでも良いので文献に触れてみましょう。

 

 

まとめ

 

認知症をお持ちの方への介入

1. オキシトシンを分泌させることによってアミロイドメータの生成が抑えることができる。

2. オキシトシンが分泌するためには、心地よい刺激(グルーミング)が良いとされている。

3. 療法士は認知症をお持ちの方との信頼関係を築き、その方が楽しいと思う活動を提供することが大切である。

 

 

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2024.4.20(土)評価・触診からアプローチまで! 苦手な療法士のための動作分析実践講座
2024.5.18(土)【OT限定】苦手意識がなくなる!! OTのための、やさしい歩行セミナー

【ADLで悩んだらこれ!】2024.5/19(日)【ADL訓練が苦手な方限定】対象者に合わせた効果的なADL訓練のための考え方・実践法【下衣・トイレ動作編】
2024.6.15(土)ROMexを効率的に行うための触診セミナー【下肢編】
【ADLで悩んだらこれ!】2024.6/16(日)【ADL訓練が苦手な方限定】対象者に合わせた効果的なADL訓練のための考え方・実践法【上衣・自助具作成編】
2024.7.20(土)評価・触診からアプローチまで! 苦手な療法士のための動作分析実践講座
2024.7.21(日)【臨床力アップ!】苦手な療法士のための腰部脊柱疾患の評価とアプローチ法
2024.8.18(日)慢性疼痛に対する痛み・神経の科学的根拠をもとにした末梢神経への徒手介入法 ~DNMアプローチ~1DAY濃縮版
2024.8.18(日)トイレ動作の動作分析から情報共有までの流れを学ぶ

【迷ったらこれ!】第31期 2024. 7/6,7 8/3,4 9/7,8(土日)【触診が苦手な方限定】第31期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り20名
【慢性疼痛にはこれ!】2024.4/21 5/19 6/16(日)慢性疼痛に対する痛み・神経の科学的根拠に基づく末梢神経への徒手介入法 ~DNMアプローチ~BASICコース

平日開催

【迷ったらこれ!】第31期 2024. 7/3,7 7/28,8/4 9/4,8(水日)【触診が苦手な方限定】第31期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2024.5.17(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ