動作の段階付けができるようになろう!〜腹臥位編〜

動作の段階付けができるようになろう!〜腹臥位編〜

こんにちは、療法士活性化委員会委員長理学療法士の大塚です!
理学療法士大塚久

前回から動作の段階付けに関してのシリーズを始めました。前回は仰臥位(背臥位)にでしたね?>>>動作の段階付けができるようになろう!〜仰臥位(背臥位)編〜

腹臥位は人の姿勢の中で仰臥位についで支持基底面が広く、安定している姿勢です。腹臥位で獲得する動作がリーチ動作です。腹臥位でリーチ動作を行うには体幹の伸展と肩甲帯での支持が必要となります。

腹臥位と仰臥位(背臥位)の違いは?

大きな違いは移動性です。仰臥位(背臥位)は移動範囲が極端に狭く自身の指示器底面内です。対して腹臥位はリーチでon elbow〜on hansでの上方へのリーチ、片方の肩甲帯で支持しながらの頭側方向へのリーチ、腹ばいでの移動ができるようになります。

仰臥位(背臥位)で体幹の屈曲方向の運動、腹臥位で体幹の伸展方向の運動を獲得していきます。

仰臥位(背臥位)で獲得する機能は?

発達段階で見ると

  • 3ヶ月目:正中指向、手を口に運ぶ、on elbow (45~90°頭部拳上)
  • 4ヶ月目:定頸、on elbow(頭部を90°拳上)、目-手の関係性、寝返り(背臥位~側臥位)
  • 5ヶ月目:ボトムリフティング(足-口)、on hands、ピボットプローン、坐位(介助)、玩具へリーチ
  • 6ヶ月目:寝返り(背臥位~腹臥位)、ピボッティング、腹ばい、坐位(両手支持)、リーチして把持

つまり腹臥位では

  • 頭部の伸展
  • 肩甲帯での支持性向上
  • 体幹の伸展
  • リーチング

が必要になります。

腹臥位で獲得したい機能

頭部のコントロール、胸腰椎の伸展、体幹や股関節における抗重力伸展コントロール、随意性、非対称性、分離性、相反性の運動などが挙げられます。

介入方法は?

脊柱のモビライゼーション

股関節のモビライゼーション

大殿筋のリリース

肩甲胸郭関節のモビライゼーション

胸鎖関節のモビライーゼーション・肩鎖関節のモビライゼーション

腹臥位でのリーチ動作

伏臥位,腹臥位,リーチ動作など

次の段階は?

仰臥位(背臥位)、腹臥位での非対称性の運動、正中線を超えての運動を獲得してくると次は寝返り動作(背臥位~腹臥位)がみられてきます。寝返りでは回旋運動を獲得していきます。

寝返りリハビリ運動療法

さいごに

動作の段階付けは片麻痺や小児以外でも応用ができます。大塚自身は整形外科クリニックの外来を担当していた時、歩行が不安定な場合必ず寝返りから確認していました。一見遠回りに見えますが、動作の段階を評価することで効率的にリハビリが進みます。皆さんも是非活用してみてください。
>>>発達から見る動作の回復過程

このブログの感想をレターでもらえるととっても喜びます。
応援・批判どちらも受け付けています。
>>>大塚久のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.9.18(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →  キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

オンラインコンテンツ

2022.7.23(土)18時〜19時半 【高次脳機能障害を基礎から学び、明日の臨床に活かす! 】高次脳機能障害セミナー 基礎編Ⅱ〜注意・記憶〜
2022.8.19(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ