評価・アプローチのための触診基礎【上肢編】〜開催報告〜

評価・アプローチのための触診基礎【上肢編】〜開催報告〜

こんにちは、PTは下肢、OTは上肢って不思議な分類がなぜあるんだろうと思っている療法士活性化委員会委員長の大塚です。

理学療法士大塚久

11月17日(日)に療法士活性化委員会主催、

評価・アプローチのための触診基礎【上肢編】

が行われました。

このセミナーでは触診に必要な療法士の準備、具体的な上肢の関節、筋肉の触診方法、そしてアプローチ法とADLへの繋げ方についてお伝えしました。

それでは開催報告です。

まず今悩んでいることは何か?そしてなぜ触診が必要かをグループワーク

それぞれ今の考えや思いを共有することで今日のセミナーの目的を全体で統一します。

触診に必要な6つのコツについて

触診がうまいかうまくないかは触る前の準備で大きく変わります。そのための療法士に必要な心構えと準備をお伝えしました。この準備をする、しないの2つのパターンで相手の防御性収縮が出るかでないかを体感していただきました。防御性収縮が出ると言うことはすでに侵害刺激であると言うこと。治したいと思って触っている行為が実は侵害刺激だとは考えただけでもきついですね。

続いて具体的な触診方法

今回は主に上肢の関節と筋肉の触診を行いました。始まる前は難しいと言う印象の触診ですが、手順を踏めば実はそこまで難しく考えないでもできるようになります。

触れた部位へのアプローチ

まず肩甲骨、肩関節、肘関節、前腕、手関節、手指の役割を説明、それぞれ動作分析の中でどの役割が問題となっているかをみてアプローチする部位を決めていきます。

さらに徒手的に変化がでた部位に対してはその後、ADL動作などの無意識で使える状態にすることで機能変化が動作に反映されます。

最後に

実は今回は養成校の1年性も参加していました。自分が授業でできなかった触診をネットで調べて習いにきたようです。近年、学生の質が落ちているとか言われていますが、そんなことはないと思います。こうやって常に問題意識を持ってリハビリの勉強をしている学生もいます。もし学生のやる気が見られないなら、僕ら先輩療法士がやる気が出るような仕事を見せていないのかもしれません。もちろん学生のためにリハビリをするわけではありませんが、学生にてお手本にしてもらえるように常に技術の研鑽は続けていきましょう。

触診を基礎から学び直すなら
>>>【触診が苦手な方限定】6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー

他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2023.2.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】
2023.2.19(日)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2023.3.18(土)【苦手な方限定】評価・アプローチのための触診セミナー基礎 【体幹編】
2023.3.19(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【起居動作・移動動作・食事操作編】
2023.4.16(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【食事操作・上衣訓練編】
2023.4.16(日)【初学者向け】脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2023.5.21(日)【OT限定】OTによるOTのための歩行分析セミナー
【迷ったらこれ!】2023年 1/14,15 2/4,5 3/4,5(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】(土日) 2023年 4月1,2日 5月6,7日 6月3,4日(土日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り10名

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2023年 1/11,15 2/1,5 3/1,5 (水日)【触診が苦手な方限定】第25期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2023年 3/29,4/2 4/26,5/7 5/31,6/4(水日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り4名

オンラインコンテンツ

2023.2.17(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ