立位での膝関節伸展の条件について from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

膝関節伸展の条件について

膝関節はOKCのときとCKCの時で伸展をするための条件は異なります。今回ふれるのはSHM(終末強制回旋運動)についてお話していきます。

SHMは膝関節伸展時、脛骨が5度外旋するというものです。この外旋運動により膝関節が骨性に荷重できるようになり伸展が出るようになります。

SHMが起きるのはなぜか?

  • 大腿骨の形状:外側上顆と内側上顆の長さを比べると内側上顆の方が長いです。そうすると関節面の運動が内側のほうが長いため、最終的に脛骨が外旋します。
  • 前十字靭帯の伸長:前十字靭帯は膝関節伸展で緊張します。そして緊張すると外旋方向に脛骨を引っ張り外旋します。
  • 外側広筋の張力:大腿四頭筋の筋力は外側広筋の張力が強く、最終域で外旋方向に引っ張ります。

OKCでの膝関節の伸展はこのSHMがあるかどうかが重要になります。

立位での膝関節伸展は?

立位でもSHMは重要ですが、荷重位では脛骨が動かず、大腿骨が内旋することによってSHMが起こります。つまり、立位での膝関節伸展するためには大腿骨が内旋することが必要になってきます。

そのため、股関節の内旋のROMを確認し、可動域を確保することが立位での膝関節伸展に必要な条件となります。

まとめ

立位での膝関節伸展の条件について

  1. SHMの評価が大事!
  2. OKCでは下腿の外旋が必要
  3. CKCでは股関節の内旋が必要!

膝関節は中間関節なので立位では股関節、足関節の影響を受けます。膝関節だけでなく、下肢を全体で評価するのが大事になります。

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2023.2.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】
2023.2.19(日)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2023.3.18(土)【苦手な方限定】評価・アプローチのための触診セミナー基礎 【体幹編】
2023.3.19(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【起居動作・移動動作・食事操作編】
2023.4.16(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【食事操作・上衣訓練編】
2023.4.16(日)【初学者向け】脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2023.5.21(日)【OT限定】OTによるOTのための歩行分析セミナー
【迷ったらこれ!】2023年 1/14,15 2/4,5 3/4,5(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】(土日) 2023年 4月1,2日 5月6,7日 6月3,4日(土日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り10名

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2023年 1/11,15 2/1,5 3/1,5 (水日)【触診が苦手な方限定】第25期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2023年 3/29,4/2 4/26,5/7 5/31,6/4(水日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り4名

オンラインコンテンツ

2023.2.17(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ