バランス評価のポイントについて

バランス評価のポイントについて

こんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

理学療法士大塚久

バランス評価ってみなさんどうやっているでしょうか?

例えば立位であれば

  • 片脚立位
  • ファンクショナルリーチテスト
  • ベルグバランススケール
  • TUG

などみると思いますが、評価した結果、どう介入していけばいいか?ってなりませんか?
今回は評価も介入も難しいバランスについてお伝えします。

ポイントは立ち直り反応の有無と脊柱の可動性です。

 

そもそもバランスって?

バランス能力とは静止または動的動作における姿勢維持能力のことで、この能力は感覚系・ 中枢司令系・筋力系などの要素によって決まります。

バランス能力とは静止姿勢または動的動作中の姿勢を任意の状態に保つ、または不安定な姿勢から速やかに回復させる能力を意味します。

姿勢の保持は、視覚情報・体性感覚情報(筋・腱・関節からの情報・足裏の感覚情報など)・前庭系の情報(内耳の三半規管)などをもとに脳が中枢処理を行い、出された指令を骨格筋が実行することでなされます。

E ヘルスケアネット 厚生労働省

ものすごく簡単にまとめるとすれば、バランスとは「倒れないように体を維持すること」です。
倒れないために、視覚・体性感覚・前提系から情報を入力して統合し、筋肉に司令を出します。
詳しくは以前のコラムを参照してください。
>>>バランス能力の低下について勉強してみた 〜股関節・足関節戦略編〜

日常生活でのバランスを分類すると

大きく分けて

  • 静的姿勢制御:支持基底面内で維持する。立位保持、座位保持など
  • 支持基底面内の運動:支持基底面内で重心が移動する。調理、洗濯干し、更衣、食事など
  • 支持基底面の移動:支持基底面が移動し、そこへ重心を移動させていく。ステップ動作、歩行など

の3つがあります。

3つともに共通しているのが「支持基底面内に重心をコントロールすること」です。

そして支持基底面内に重心をコントロールするためには「頭が正中位にある」ことが前提として必要となります。

頭が正中位にあることで

  • 視覚からの情報
  • 体性感覚
  • 前庭感覚

からの情報が正常に入力されます。

この頭を正中位に保持するための反応が「立ち直り反応」です。

 

立ち直り反応が出るためには?

頭部を性注意に保持するためには脊柱の可動性が必要です。

頸部の屈曲/伸展、側屈、回旋

合わせて胸椎、腰椎の屈曲/伸展、側屈、回旋

を評価してみましょう。

まとめ

バランス評価のポイントについて

  1. バランスは視覚・体性感覚・前庭系からの情報を統合して決定している
  2. バランスが正常に働くには頭部が正中位にある必要がある
  3. 頭部を正中に保つために立ち直り反応があり、そのために脊柱の可動性が必要

まず脊柱の可動性があるかどうか確認してみましょう。

次回は脊柱の可動性をみる方法をお伝えします!

臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”
>>>リハコヤ

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう