キッキングのコツについて from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

今回はセラピストの体の使い方をポイントにしてキッキングのコツをお伝えしていきます。

 

自分の体の使い方で相手の動きが変わる

講習会ではセラピストの立ち位置や姿勢をかなり意識していただきます。それはセラピストが快適な位置、姿勢でいないと食深夜評価をする際に余計な力が入ってしまい、精度が落ちるからです。

基本的に触診や評価など静止した位置での体の使い方は比較的簡単ですが、運動療法や促通などセラピストが動く場合は少し難しくなります。そこで今回は運動療法や促通の時の立ち位置や体の使い方をお伝えしてきます。

 

まずは基本のキッキングについて

そもそもキッキングの目的を考えてみましょう。キッキングは立位で股関節伸展していくのを促していくのが一つの目的です。

しかしよく見るキッキングは膝は伸展するのですが、股関節が伸展まで伸びておらず前側に蹴っているところを見かけます。これですと単に大腿四頭筋を鍛えているだけなので本来の目的とは異なってしまいます。

そこで股関節の伸展を促すようにキッキングをしてみましょう。

 

股関節を伸展するために必要な立ち位置は?

相手の股関節を伸展していくためにはセラピストが股関節伸展した位置にいてしまうと伸展するときに邪魔になってしまいます。股関節を伸展した位置にいないようにしましょう。その時のポイントはキッキングの最終肢位を取りましょう。その最終肢位で邪魔にならない位置にセラピストが位置し、そこから開始肢位に戻してキッキングを開始してみましょう。

 

まとめ

キッキングのコツについて

  1. セラピストの体の使い方を意識する
  2. キッキングでは股関節の伸展が出るよう意識する
  3. 最終肢位でまずポジションを決め運動を開始する

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.9.18(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →  キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

オンラインコンテンツ

2022.7.23(土)18時〜19時半 【高次脳機能障害を基礎から学び、明日の臨床に活かす! 】高次脳機能障害セミナー 基礎編Ⅱ〜注意・記憶〜
2022.8.19(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ